大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

摘出医、移植医として「湘南アイバンク」の活動に協力する 秦野 寛さん 大磯町在住 73歳

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena

医療と音楽で響かせる光

 ○…視力を失った患者に光を取り戻す角膜移植。眼科医としてドナーの眼球摘出、患者への移植手術に携わり40年超になる。地元の開業医として湘南アイバンクの活動周知へも協力。共にチャリティーコンサートを開催してきた。「医学と音楽の力で患者たちに光を届けたい」という医師としての誇りと熱い思いが原動力だ。

 ○…藤沢市出身。横浜市立大学医学部で偶然、同窓の湘南高校出身の教授と出会い、導かれて眼科の道へ。40代で地元へ戻り、ルミネ藤沢ビルで開業した。留学先のサンフランシスコUCの紋章「ラーの目」を掲げ、地域医療に尽力。「地域に支えられて今がある。医療の力で恩返し出来たら」と力を込める。

 ○…一方で「ベストを尽くしても失明してしまう患者もいるのが現実」と唇をかみ締める。医師として何ができるのか。たどり着いたのが「音楽の力」だった。約10年前に視覚障害者らに音楽療法を試みるNPO法人を立ち上げた。「音楽には自分も救われたから」と穏やかに語る。子どもの頃から音楽好きで、小学生の時に教師が聞かせてくれたベートーベンの『田園』は、針がレコードに落とされた時の微かな雑音に至るまで覚えているほど。大学時代にバイオリンを衝動買い。勉学の傍らレッスンに通い、演奏の楽しさに目覚めた。横浜交響楽団ジュニアオーケストラ、藤沢市民交響楽団に在籍し、現在はリラ弦楽合奏団に所属。サクソフォンにも挑戦している。

 ○…角膜移植には死後12時間以内の摘出など制約も多い。湘南アイバンクはボランティア団体。利益ではなく「誰かを救いたい」という思いで続ける移植活動を「命を繋ぐリレー」と誇りを持って名乗り、「かっこいいでしょ」と笑った。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

藤井 香大(きょうた)さん

神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部長に就任した

藤井 香大(きょうた)さん

小田原市在住 51歳

6月24日号

秦野 寛さん

摘出医、移植医として「湘南アイバンク」の活動に協力する

秦野 寛さん

大磯町在住 73歳

6月17日号

森山 智美さん

ドキュメンタリー映画「大地の再生の詩」上映会の実行委員長を務める

森山 智美さん

二宮町中里在住 36歳

6月10日号

倉橋 光男さん

足柄交通安全協会の会長に就任した

倉橋 光男さん

中井町在住 69歳

6月3日号

高岡 俊之さん

4月に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月27日号

小島 拓さん

大磯二宮漁業協同組合の組合長を務める

小島 拓さん

大磯町西小磯在住 40歳

5月20日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook