大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部長に就任した 藤井 香大(きょうた)さん 小田原市在住 51歳

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena

幸福の空間を提供したい

 ○…県西2市8町で営む231の不動産業者のまとめ役として5月に就任した。地域はバブル崩壊後も、企業の撤退、人口減少など厳しい経済環境が続いているが、コロナ禍で「気候温暖で生活環境が素晴らしい。その価値が見出され移住者が増えている」と新しい風も感じている。支部で取り組んできた移住や空き家バンク事業などの公民連携を「より強化していきたい」と意気込む。

 ○…東京都新宿区生まれ。幼少期に母の体調悪化のため、空気の良い湯河原町に移住。宅建の資格を持っていた母が小田原市内の「小田原不動産」を手伝うようになり、事業を担うように。「不動産業界の人たちに可愛がってもらった。まち中はにぎわい、活気にあふれていた」という。小田原高校から法政大学に進み、在学中に宅建の資格も取得。地下鉄会社に就職するも、当時、経営者となっていた母を助けようと家業を継いだ。「世界一周のための貯金も事業の運転資金に回し、朝から晩まで働いた」。次第に小さい成果が積み上がり、気付けばつらい夜は明けていた。

 ○…小田原不動産の社長として、まちづくりの事業も展開。小田原市内に2018年に保育園「クーピーガーデン」、21年に「城の見えるホテル」をオープン。「こんな場所があったらいいなと考え続けてきたもの」と微笑む。目指すのは、家族や大切な人が過ごす「幸福の空間」の提供だ。5年前、4週間かけてアメリカを横断する旅を体験。「夢は願えば叶う」と実感を込める。

 ○…28歳で結婚し、2人の娘にも恵まれた。激務の中で「子どもの存在が力になった」と、成長に目を細める。小田原では「うらちょう商店街」の会長も務める。「誰もが住みよいまちづくりを陰ながら支えたい」

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

藤井 香大(きょうた)さん

神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部長に就任した

藤井 香大(きょうた)さん

小田原市在住 51歳

6月24日号

秦野 寛さん

摘出医、移植医として「湘南アイバンク」の活動に協力する

秦野 寛さん

大磯町在住 73歳

6月17日号

森山 智美さん

ドキュメンタリー映画「大地の再生の詩」上映会の実行委員長を務める

森山 智美さん

二宮町中里在住 36歳

6月10日号

倉橋 光男さん

足柄交通安全協会の会長に就任した

倉橋 光男さん

中井町在住 69歳

6月3日号

高岡 俊之さん

4月に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月27日号

小島 拓さん

大磯二宮漁業協同組合の組合長を務める

小島 拓さん

大磯町西小磯在住 40歳

5月20日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook