ホーム > 小田原版 > ローカルニュース > 小田原の梅干 被災地へ

小田原

小田原の梅干 被災地へ

チャリティコンサートに800人
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
出発前に駆けつけた加藤市長も一緒に、出演者と「翼をください」を熱唱
出発前に駆けつけた加藤市長も一緒に、出演者と「翼をください」を熱唱

 ダイナシティで9日、「東日本大震災復興支援小田原チャリティコンサートとどけ!元気、笑顔、音楽の輪」が開催された。このステージは、小田原城ミュージックストリート実行委員会と小田原市大型店連絡協議会が主催。フォーク、ポップスなど4つのバンドが出演し、会場には約800人が詰め掛けた。

 ダウン症児を育てる親の会「ひよこの会」の呼びかけで約14万円の募金が集まり、そのお金で小田原産の梅干を購入。加藤憲一小田原市長によって、その日中に、福島県相馬市と南相馬市に届けられた。「我々のプライドでもある十郎梅を、直接被災地に届けられて嬉しい」と、小田原十郎梅ブランド向上協議会の高梨桂治さんは話していた。

 ダイナシティでは先月18日から義援金ボックスを設置。3月末までに約78万円が集まった。義援金は日本赤十字社を通し、被災地に送られる。

中河原の梅農家も提供

 また、中河原の梅農家の有志7人が先月31日、梅干

38kgを被災者支援のために提供した。小田原ライオンズクラブの松下民雄会長が受け取り、同クラブの支援物資とともに4月2日、福島県猪苗代湖に届けられた。食事を作るのに大変喜ばれたいう。 
 

  • ギターケースに募金を募う、ひよこの会メンバーギターケースに募金を募う、ひよこの会メンバー
  • 中河原の農家が集めた38kgの梅干中河原の農家が集めた38kgの梅干

関連記事

powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ベイビー・ブー登場

ベイビー・ブー登場

かもめ図書館で歌とトーク

11月19日~11月19日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月10日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野