ホーム > 小田原版 > ローカルニュース > 5氏所属「誠和」が第一会派

小田原

市議会 会派構成決まる

5氏所属「誠和」が第一会派

新人3氏による新会派立ち上げも
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 小田原市議会の会派の届け出が6日に締め切られ、選挙後の新しい会派構成が決まった。改選前に比べ、1会派増の8会派になった。

 第一会派の「誠和」は、加藤仁司氏、武松忠氏、大村学氏、そして新人の小澤峯雄氏と井上昌彦氏の5人が所属する。

 行政畑出身の鈴木紀雄氏、野坂稔氏、木村正彦氏の新人3氏は、新会派「光政会」を立ち上げた。

 植田理都子氏と横田八郎氏は佐々木ナオミ氏を迎えて「未来・おだわら」を、木村信市氏と安野裕子氏は新人の鈴木敦子氏と「市民クラブ」を発足している。

 また、公明党とフォーラム小田原、新生クラブは、メンバーの入れ替えがあったものの改選前の人数を確保。日本共産党は改選前と同様の構成となっている。

17日に臨時議会新議長は加藤氏か?

 正副議長を決める5月臨時議会は、17日に開会される。新議長の椅子の行方だが、議会関係者からは「加藤氏が有力」との声が聞こえてくる。

 議長は副議長経験者から選出されることが多い。議長経験のない副議長経験者は、井原義雄氏、加藤氏、小松久信氏、武松氏、細田常夫氏の5人。この中で当選回数では細田氏が9回と群を抜いて多いが、80歳という年齢が壁になる。当選6回の小松氏は、前議長の今村洋一氏に続いて同一会派からの選出は考えにくい。そうなると当選5回、最大会派の代表を務める加藤氏の名前が挙がるのも自然だ。加藤氏の周辺は「加藤氏も議長に意欲を示している」と話す。

 一方、副議長は1年任期の慣例で持ち回りの色が濃い。副議長未経験で当選回数3回の木村信市氏、奥山孝二郎氏、鈴木美伸氏、安野氏らの可能性が高そうだ。
 

関連記事

powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野