傘焼まつりも自粛開催 恒例の歌舞伎役者、力士の来寺はなし

掲載号:2011年5月14日号

  • LINE
  • hatena
昨年の傘焼まつり
昨年の傘焼まつり

 かながわのまつり50選にも選ばれている『曽我の傘焼まつり(曽我兄弟遺跡保存会主催・関野弘行会長)』が東日本大震災の発生に伴い、今年は法要と傘焼法要のみに自粛される運びとなった。城前寺で28日(土)に開催する。

 例年、法要に華を添える歌舞伎俳優や力士の来寺をはじめ、武者行列、子ども相撲、松明行列などは中止。城前寺保育園の園児が五郎・十郎に扮し古傘に火を入れる傘焼法要も園児の出演はない。

 同まつりは曽我五郎・十郎兄弟が父の仇を討つ際に傘を燃やし松明にしたという曽我兄弟の故事にちなみ毎年、兄弟の命日にあたる5月28日に菩提寺である城前寺で行われている。

 関野会長は「来年度以降は五郎・十郎の歴史を大切にしながらも、新たな傘焼まつりを検討していきたい」と話している。

 問合せは市観光協会【電話】0465(22)5002。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

初制覇へ「アツマーレ」

ベルマーレフットサル

初制覇へ「アツマーレ」 スポーツ

22日に開幕イベント

5月21日号

地域の「宝物」動画に

小田原箱根商議所

地域の「宝物」動画に 文化

ラグビーW杯、オリパラ契機

5月21日号

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook