ホーム > 小田原版 > ローカルニュース > 震災から学ぶまちづくり

小田原

震災から学ぶまちづくり

旭丘高校でシンポジウム
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
決意を語った真田君
決意を語った真田君

 市内城内の旭丘高校(水野浩校長)で「第18回公開まちづくりシンポジウム」が行われた。

 毎年、小田原のまちづくりをテーマに行われているシンポジウム。今回は3月11日に発生した東日本大震災や福島原発事故を受け、国づくり、学校づくりの課題について、専門家を講師に招いての講演や生徒会による特別報告が行われた。

 生徒会長の真田悟司君を中心とした11人の意見表明では、震災当日に帰宅困難者や観光客を校内で支援したエピソードを紹介。来賓として招待された加藤憲一市長と行った懇談会の様子なども話した。真田君は「学校を取り巻く課題に正面から取り組み学校づくり、まちづくりだけでなく、自分づくりにつなげていきたい」と決意を語り、会場は大きな拍手に包まれた。

 水野校長は「生徒たちに『今回の決意表明の原点は何ですか』と尋ねたら『憲法』との答えが返ってきた。命を大切にする、友と手をつなぐ、という原点に憲法があることが子どもたちに根付いており、彼らの成長を感じました」と目を細めていた。
 

関連記事

powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野