小田原版 掲載号:2011年6月18日号

環境守る仕組みを体感

下中小4年生が菜の花を脱穀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
菜の花脱穀のお手伝い
菜の花脱穀のお手伝い

 市内小船の下中小学校(久保寺清子校長/児童数418人)の4年生53人が13日、中村原埋立処分場で菜の花の脱穀を体験した。

 休耕田などに菜の花を栽培して菜種油を搾取し家庭で使用。その廃食油をBDF(バイオディーゼル燃料)として活用し資源循環サイクルを確立する「菜の花プロジェクト」として行われた。ごみの埋め立て処分場として利用されていた同場ではイメージアップも兼ねて平成21年から菜の花の種まきが開始されている。

 同校は先月に行われた菜の花の刈り取りから参加。この日は菜の花の脱穀体験と共に環境事業センターから出張してきた、BDF使用のゴミ収集車の構造見学も行われた。

 参加した杉本麻菜美さんは「種は小さくてかわいかった。あんな大きな車を動かせるなんて不思議」と感想を話していた。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク