小田原版 掲載号:2011年6月25日号

西湘地域県政総合センターの所長に就任した

鈴木順(すなお)さん

厚木市在住 57歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大志を抱く県西の顔

 ○…「まだまだ挨拶回りで忙しくてね―」柔らかな笑顔だがはっきりとした語り口。6月1日付けで西湘地域県政総合センターの所長に就任したばかり。先の東日本大震災で米軍基地の邦人労務管理をするまで、30数年本庁勤めだったという。「こちらは空気が違うね」晴れやかな顔で笑う。「総合センターは地域における県の窓口。もっと気軽に足を運んで活用してほしい」とやる気を漲らせた。

 ○…黒岩祐治新知事のキャッチフレーズ『命輝くマグネット神奈川』に合わせ「西湘地区ならではの引き付けられる何かを掘り起こして観光に結び付けたい」と語る。県西地区の経済は観光中心で回っていると分析。すでに動き出しているのが『箱根ジオパーク』構想だ。地球活動の遺産を見所とした認定自然公園。「一つの資源として、市町村と広域連携してより大きな動きにしていけたら」と大志を抱く。主役は民間や市町村。「行政主体だと行政目線になってしまう。連携することで県民目線になり、還元される政策になっていく。県は縁の下で支えていく立場」と話す。「互いに知恵を出し合っていきたい。1+1が3にも4にもなればいい」と夢は膨らむ一方のようだ。

 ○…趣味は読書。自宅からの電車通勤の時間を活かし週に4、5冊は読破する本の虫。”好物”は司馬遼太郎のような歴史小説だ。「休みがあれば歴史的建造物など見てまわりたいが、連休はなかなか取れない。鎌倉が限度だった」と苦笑い。小田原の北条氏や、頼朝ゆかりの地、箱根などをこれからゆっくりと見てまわるのが楽しみなのだとか。

 ○…「過去に起きた震災の教訓に学ばなくては」。数々の大地震の発生が懸念される県西エリア。「想定外が多過ぎる。マニュアルの根本からの見直しが必要」と語る。防災対策など課題は山積み。県西の新しい顔が、ゆっくりと歴史的建造物を見て回るのは、当分先になりそうだ。
 

関連記事powered by weblio


小田原版の人物風土記最新6件

大島 寛史さん

小田原を拠点に活動する劇団「チリアクターズ」を主宰する

大島 寛史さん

4月23日号

水谷 尚人さん

株式会社湘南ベルマーレの新社長に就任した

水谷 尚人さん

4月16日号

川口 竹男さん

小田原市立病院の病院長に就任した

川口 竹男さん

4月9日号

牧 いずみさん

開局10年目を迎えたFM小田原の最長寿番組「モーニングガーデン」でパーソナリティを務める

牧 いずみさん

4月2日号

馬見塚(まみづか) 昭久さん

本日開催「レッツ朗読フェスティバル」を主催する小田原文学サロンの実行委員長を務める

馬見塚(まみづか) 昭久さん

3月26日号

平野 亜矢子さん

野良猫や保護犬専門のSwingどうぶつ病院の院長を務める

平野 亜矢子さん

3月19日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク