小田原版 掲載号:2011年6月25日号

土日の保育需要に対応

夏場の振替操業に伴い、公立保育所・児童クラブ各2カ所で受け入れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小田原市では土日保育の需要に対応するために20日、特別保育の受付を開始した。夏場の電力需給対策により、土曜日、日曜日に振替操業を実施する企業が相次いでおり、振替操業に伴い、子どもを持つ共働き家庭では、土日の保育受け入れ先が緊急の課題となっていた。

 特別保育の実施期間は7月2日(土)から9月25日(日)までの土日で、市内の公立保育所と放課後児童クラブ各2カ所で実施される。未就学児の保育施設は市立豊川保育園と市立桜井保育園、小学校1〜3年生を対象とした児童クラブの開設施設は足柄小学校と国府津小学校となっている。

土日保育、見込み80人

 土日の振替操業に伴い家庭で保育が困難となる児童を対称に、小田原市では7、8、9月の土日の特別保育を受付けている。保育所の定員は豊川保育園、桜井保 育園合わせて約40人、放課後児童クラブの定員も足柄小学校、国府津小学校合わせて約40人。合計で80人を見込んでいる。定員の数はあらかじめ、市内の 各保育所と放課後児童クラブで需要調査を行った結果。

 保育所の保育時間は午前7時半から午後6時半(延長は7時)まで。申請は現在入所している保育所で申請書を受け取り、振替操業を実施している事業所を経由して小田原市保育課へ提出。問合せは市保育課【電話】0465(33)1451。

 放課後児童クラブの開所時間は午前7時半から午後6時(延長は6時半)まで。申請は普段利用している放課後児童クラブで申請書を受け取り、事業所の証明を添えて放課後児童クラブまたは市青少年課へ提出。問合せは同課【電話】0465(33)1723。

 なお、保育所、放課後児童クラブともに利用者負担はないが、延長については別途料金がかかる。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク