小田原版 掲載号:2011年6月25日号

町田小5年生が挑戦

被災地に手づくり梅干を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
塩をもみ込んでいった
塩をもみ込んでいった

 市内寿町の町田小学校(加藤始校長)で20日、梅干し作り教室が行われた。

 東日本大震災で被災した福島県相馬市へ「小田原の名産の梅干を手づくりして送ろう」と、同校の5年2組の児童が話し合って行ったもの。講師には児童が通う習字教室の田中静江さんと、同学区36区自治会長で「梅干漬ける友の会」代表の川口秀一さんが招かれた。

 この日は用意された青梅388個(10kg)を漬け込んだ。児童は6班に分かれ、1班60個から70個ほどの梅を担当。川口さんの指導のもと、1つひとつの梅のヘタをていねいに取り、塩をもみ込んでいった。松田大樹(たいき)君は「手がしみるけど被災地のために頑張る」とコメント。皆で協力して作業にあたった。

 最後に全ての梅を漬け樽に移し、重しの石を載せて保存。5日ほどで塩の濃度を調整する天地返しを行い、約1カ月漬け込むという。千葉梨央さんは「初めて梅干作りをして大変さがわかった」と話し、星野航太君は「うまい梅干を被災地に送りたい」と表情を引き締めた。

 この日の梅干は天日干しやシソの漬け込みを行い、11月頃に完成する予定。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

自転車の秘めたる可能性

神輿宮入  トリは「西海子(さいかち)」

松原神社例大祭

神輿宮入 トリは「西海子(さいかち)」

4月23日号

神奈川の若手俳優が公演

ひとまずお別れ

二宮神社鳥居御用材

ひとまずお別れ

4月23日号

恐るべし、総構とブラタモリ

体験レポート【8】

恐るべし、総構とブラタモリ

4月23日号

リニューアルオープンまであと8日

平成の大改修 小田原城天守閣

リニューアルオープンまであと8日

4月23日号

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク