小田原版 掲載号:2011年10月28日号

(PR)

340年の由緒ある禅寺―

安心して今を生きるために

永代供養墓『大地と宇宙』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小田原城主稲葉一族の菩提寺で、かつて徳川家光が寵愛したとされる春日局も眠る由緒ある禅寺―長興山紹太寺。春には樹齢340年のしだれ桜が咲き誇る。

 境内の一角に佇む永代供養墓『大地と宇宙』は、万物を育む大地と全ての魂を包み込む宇宙をデザインした共同墓苑。宗派・宗旨は問わず、生前名のまま納骨もできる。生前契約はもちろん既に自宅に祀っているお骨の即時納骨にも対応。後継ぎや管理等後々の事を気にせず、お寺が永代に渡り供養してくれる…永眠の地にふさわしい墓苑だ。

 永代使用料は40万円。年間管理費不要で、両彼岸・盆・施餓鬼法要も行う。心から安らげる場所へ…ぜひご相談を。

 誰もがいつか直面するのが「お墓」の問題。「いつ、何が起こるかわからない…」こんな時だからこそ、生前から自分や大切な人が永眠する地を探し求める人が増えている。なかでも人気を集めているのが、誰もが等しく祀られる”永代供養墓”だ。
 

長興山紹太寺

小田原市入生田303番地

TEL:0465-22-7760

http://www.choukouzan.com

小田原版のピックアップ(PR)最新6件

国際医療福祉大の新校舎オープン

モデルハウスを限定販売

「一条工務店」の性能が詰まった高性能住宅 市内飯泉

モデルハウスを限定販売

4月2日号

小田原城を眺める戸建賃貸

城山についに完成!

小田原城を眺める戸建賃貸

3月19日号

賢い相続対策セミナー

「低金利を味方につける相続対策とは」など

賢い相続対策セミナー

3月19日号

県西地域に自転車の駅

自転車で”未病を治す”

県西地域に自転車の駅

3月19日号

お寺が見守る納骨堂

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク