小田原版 掲載号:2011年10月29日号

おだわら手作り絵本の会

"世界に一つ"を作り続け30年

本日29日から 節目の作品展『ハーモニー』 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絵本を開き、音を確かめて仕上がりをチェック
絵本を開き、音を確かめて仕上がりをチェック

 おだわら手作り絵本の会(堀内紀子会長)が10月に結成30周年を迎えた。本日29日(土)から、30年の集大成となる『おだわら手作り絵本展』をかもめ図書館で開催する。

 市立図書館が開いていた講習会で出会い、絵本作りに魅了された15人が立ち上げた同会。現在会員は16人で、年齢層も30代〜80代と幅広く、静岡や山梨から通う会員もいる。

 毎年の恒例イベントである『絵本展』も今年は「節目の年に相応しいものにしよう」と企画段階から話し合いに時間をかけてきた。決まったテーマは”ハーモニー”。堀内会長は「決して一人で出来た事ではない。(30周年は)多くの人が繋がり、一つの事を成し遂げたと思うので”調和”を意味する言葉を選んだ」と話す。

 絵本展の目玉は会員一人ひとりが鍵盤を模った絵本を作り、集めて一台のピアノに見立てた作品だ。鍵盤を押すと音も出るよう工夫されており、個性溢れる16冊が一台に融合した大作に仕上がっている。

 絵本展は10月29日〜11月6日の9時30分から16時30分(最終日のみ16時まで)。問合せは同会【携帯電話】090・8507・9427。

【関連記事/人物風土記】
 

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

「70億円で整備は困難」

芸術文化創造センター

「70億円で整備は困難」

4月23日号

女子高生がプロツアーへ

ゴルフ

女子高生がプロツアーへ

4月23日号

東洋会から初の合格者

挙式は小田原城で

中学卒業まで拡大

小児医療費助成

中学卒業まで拡大

4月9日号

60年振り無投票の公算大

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク