小田原版 掲載号:2011年11月12日号

森の再生から、ブリの来る海へ

環境再生に「小田原産わりばし」

ツーデーマーチでお目見え けやきでは志民フォーラムも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 19・20日に行われる小田原ツーデーマーチで、完歩者に振舞われるつみれ汁に、今年は小田原産の間伐材を使用したわりばし=写真=がついてくる。環境再生プロジェクトの成果の一つが市の行事で初めて公になる。

 環境再生プロジェクトは身近な環境を守り、育てるための仕組みや方策を検討するプロジェクト。間伐材を使ったわりばしは、手付かずの荒地を「環境を考える市民の会」(平野茂樹代表)、「もりの恵み〜あしがらの森で」(湯口さゆり代表)、「小田原森の仲間」(山本和子代表)などの環境団体が間伐・除伐・製材し、群馬県の知的障害者施設で加工したもの。これまでは民間の飲食店「魚國商店」で使用されているのみだった。今後は「わりばしが環境と福祉を結ぶ」をテーマに市内の障害者地域作業所での加工や市行事での使用を検討していく。小田原産わりばしに関する問合せは【電話】0465・47・2981。

 同じ19・20日には小田原市無尽蔵プロジェクトシンポジウム「おだわら環境志民フォーラム」が生涯学習センターけやきで開催される。時間は19日が9時30分から17時、20日が8時30分から16時。入場無料。

 東日本大震災による原発事故を受け、エネルギー自給を含めた自然環境との共生が求められる中「森の再生からブリの来るまちへ」をテーマに有識者によるパネルディスカッションなどが行われる。問合せは【電話】0465・33・1476。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

「70億円で整備は困難」

芸術文化創造センター

「70億円で整備は困難」

4月23日号

女子高生がプロツアーへ

ゴルフ

女子高生がプロツアーへ

4月23日号

東洋会から初の合格者

挙式は小田原城で

中学卒業まで拡大

小児医療費助成

中学卒業まで拡大

4月9日号

60年振り無投票の公算大

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク