小田原版 掲載号:2011年11月12日号

学生の目で見た地域おこし

関学大学園祭で物産展など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地域の特産品を紹介
地域の特産品を紹介

 学生の感覚から地域の特産品をPRし、県西地域の活性化につなげようと、関東学院大学法学部のサークル「バフター」の学生たちが学園祭で物産展とシンポジウムを開いた。

 関東学院大学小田原キャンパスで10月29日・30日の2日間に行われた学園祭で開かれた物産展のブースには、富士屋ホテルのパン・スイーツ、片浦レモンサイダー、足柄まさカリー黄金のポット、足柄茶など地域の特産品のほか、学生と箱根町の和菓子店「ちもと」の職人が共同開発したスイーツが出展され、学園祭を訪れた多くの来場客に販売された。

 また30日には加藤憲一小田原市長、山口昇士箱根町長、報徳二宮神社の草山明久宮司らを招いたシンポジウムも開かれ、聞き手を露木順一前開成町長が務め、同サークルのリーダー・森谷元さんらとの意見交換が行われた。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク