小田原版 掲載号:2011年11月26日号

小田原そば商組合の組合長を務める

相澤 美知雄さん

市内本町在住 63歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温もり溢れる笑顔

 ○…60年ほどの伝統を持つ小田原そば商組合。「1年で一番美味しい時に新そばを食べてほしい」と、結成当初から続けてきた慰問活動の場は、福祉施設や少年院など幅広い。「大先輩が続けてきたもの。ずっと引き継いでいく使命がある」と話す口調に熱がこもる。

 ○…かつては30店舗が加盟していた組合も、後継者不足や不況の煽りを受け今では12店舗に減少してしまった。それだけにメンバーとの絆は深い。「みんな協力してくれる。勝手知ったる仲間だから」と長い付き合いに目を細めた。

 ○…生まれも育ちも小田原。子どもの頃は「映画少年だった」と表情をほころばせる。30年以上前、近所に住んでいた映画監督の内田吐夢氏と交流があった。「天ぷらそばが好きでね。フラッとうちに食べに来てた」。その縁で撮影所に見学に行き、俳優と顔を合わせる機会もあったのだとか。「仁侠映画や、『寅さん』も好き。高倉健と写真を撮ったことがある」と弾んだ声。「吉永小百合も撮影に来ていたけど、会いに行けなかった。大女優さんだから、恥ずかしくて」と照れながら手を振るしぐさは無邪気そのもの。穏やかな人柄が滲み出る。

 ○…開業53年を数える「手打ちそば処 田毎」の2代目店主。高校卒業後、機械打ちが主流だった当時に「手間ひまかけて美味しいものを」との想いから、手打ちの技術を学ぶため修行に出た。名古屋に住む「親方」の元でまずはうどんの作り方を学び、以来45年、ひたむきに店を守ってきた。現在は次男が後を継ぎ、共に店に出る。そばを打つ技術は持たなかったが、つゆにこだわり「田毎の味」を確立させた父の背中もまた大きかった。80歳を超えても現役で腕を振るい続ける姿に自らを重ね、「定年がないから、自分も動ける限りは続けたい」と表情を引き締めた。「できれば孫の顔を見ながら」と付け加える柔らかい笑顔にまた、心が温かくなった。
 

関連記事powered by weblio


小田原版の人物風土記最新6件

大島 寛史さん

小田原を拠点に活動する劇団「チリアクターズ」を主宰する

大島 寛史さん

4月23日号

水谷 尚人さん

株式会社湘南ベルマーレの新社長に就任した

水谷 尚人さん

4月16日号

川口 竹男さん

小田原市立病院の病院長に就任した

川口 竹男さん

4月9日号

牧 いずみさん

開局10年目を迎えたFM小田原の最長寿番組「モーニングガーデン」でパーソナリティを務める

牧 いずみさん

4月2日号

馬見塚(まみづか) 昭久さん

本日開催「レッツ朗読フェスティバル」を主催する小田原文学サロンの実行委員長を務める

馬見塚(まみづか) 昭久さん

3月26日号

平野 亜矢子さん

野良猫や保護犬専門のSwingどうぶつ病院の院長を務める

平野 亜矢子さん

3月19日号

原点を忘れず、志を高く

マツダを支えてくださったすべての方々に、100周年特別記念車を。

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク