小田原版 掲載号:2011年12月10日号

園児のために地域が一丸

国府津山 あおぞら畑開園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
園児の夢をのせた風船が空高く昇っていった
園児の夢をのせた風船が空高く昇っていった

 こども農園協力会(江藤忠代表)が国府津保育園と桃重保育園の園児のために国府津山で開設を進めてきた「〜太陽の恵み〜あおぞら畑」の開園式が11月28日に行われた。

 「豊かな自然を通し、園児の情操を育むことができれば。健康な身体づくり、地域交流などに繋げたい」と地元住民らが準備を進めてきた。開園式では、国府津保育園の園児約90人がキンセンカなどの苗を植えた。また、開園を記念して一人ひとりの名前が記入された風船が園児の手から大空に放たれた。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク