小田原版 掲載号:2012年1月1日号

早大連覇なるか

箱根駅伝 スタートの号砲間近

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年のレースの模様
昨年のレースの模様

 正月の風物詩「第88回東京箱根間往復大学駅伝競走」が1月2日(往路)と3日(復路)の2日間で行われる。今年も、全長217・9Kmのコースで、19校と関東学連選抜の計20チームによる激闘が繰り広げられる。

 往路のポイントは、難所を抱える長距離区間「花の2区」と、各校のエース級が集まる山登り・5区。区間記録を持つ・東洋大の柏原竜二を中心に、初日の往路優勝で翌日の総合優勝に弾みをつけたい各チームの主力選手が集まる見込み。

 復路は6区・山下りで前日の順位をいかに守り、また伸ばすかがポイントとなりそうだ。毎年繰り広げられる熾烈なシード権争いだが、昨年は僅か7秒差でシード落ちに泣いたチームもあり、最後まで目が離せない。

 優勝争いの鍵となるのは、エース・大迫傑や矢沢曜を擁し、前回大会優勝の早稲田大学。箱根駅伝の前哨戦である出雲・伊勢駅伝ではともに3位だった。一方、昨年の6区山下りで区間記録を打ち立てた千葉健太を擁し、伊勢駅伝優勝で波に乗るのが駒沢大学。箱根駅伝最後の年を迎えた「山の神」柏原竜二を擁し、昨年のリベンジを狙う東洋大学の三つ巴の戦いとなりそうだ。

 さらに前回大会で日本人選手史上最多となる1区間17人抜きを演じた村沢明伸を擁する東海大学、日本人学生歴代ナンバー1のスピードランナー、鎧坂哲哉率いる明治大学などが絡む混戦模様が予想される。

 各校の誇りをかけてつなぐ襷。今年も箱根路に様々なドラマが生まれるだろう。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク