小田原版 掲載号:2012年1月28日号

目指すは介護福祉士資格

たちばなの里で辞令交付式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)ラピドさん、斉藤施設長、ディッキーさん
(左から)ラピドさん、斉藤施設長、ディッキーさん

 社会福祉法人東洋会が運営する特別養護老人ホーム「たちばなの里(崎村俊裕理事長)」で今月19日、フィリピン人介護福祉士候補生2人に対し、辞令交付式が催された。

 この日辞令を受けたのはディッキー カンサナ トーレンティラさんとラピド ディヤン ビジル ポラスさん。ディッキーさんは「これから訓練をして介護福祉士の資格をとりたいです」、ラピドさんは「介護福祉士を目指し、日本語の勉強も頑張ります」と日本語であいさつ。式には小澤亮太事務長をはじめ、斉藤洋子施設長らが出席した。

 東洋会では介護の担い手が不足している状況を踏まえ平成21年から日比経済連携協定に基づき海外からの介護労働者の受け入れを開始し、今回で3回目の受け入れとなった。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

星槎で夏のオープンキャンパス

学校をおもいっきり楽しむ!自分らしく過ごせる場所がある!

http://seisa.ed.jp/odawara/

<PR>

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク