小田原版 掲載号:2012年1月28日号

2012シーズンのJリーグ担当審判員を務める

榎本 一慶さん

小田原養護学校勤務 27歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試合支える立役者

 ○…「やっと夢が叶う」。そう力強く口にした。昨シーズンはJリーグに次ぐカテゴリーのJFLで審判を担当。主審を務めた12試合での実績が認められ、わずか1年でJ2の主審に昇格。「Jリーグのピッチに立つのは中学生の頃からの目標。ひと試合ひと試合を大切に、選手が納得できるゲームコントロールができれば」と夢の舞台へ向け、意気込みを新たにした。

 ○…1試合90分で約12Kmの距離を走る主審の運動量は相当なもの。ジム通いや走り込みなど欠かさない。一番大事なのは「判定力」。ファウルが発生するポイントやボールの位置など、ポジショニングは常に意識する。説得力を示すために”ジャッジは近くで”が基本だ。「一貫した判定をしないと。毅然と対応するのも大事」と、試合の最終決定権を担う「主審」の責任感を滲ませた。

 ○…湯河原出身。「1キロ登れば山、下れば海」という自然に恵まれた環境で育った。サッカーは小学3年の頃に始め、中学・高校もサッカー部へ。「レフェリー」を意識したのは中3の夏。今も恩師と慕う当時の顧問の「ピッチに立つ道は『選手』だけじゃない」という言葉が胸に響いた。直後に4級の審判員の資格を取得、その頃から公式の大会で笛を吹いていたという。立場上、時にはバッシングを受けることもあるが「メンタルも鍛えられる」と明るく振り返った。

 ○…小田原養護学校に勤務。担任を持ち、生徒と過ごすのが癒しだと話す。「子どもたちは素直。気持ちを体で表現するので、元気をもらえる」と微笑む。現在湯河原の「湘南キッカーズ」で週2回、コーチも務めている。自分がプロの選手から受ける刺激を子どもたちに―そんな想いを抱き、「夢は大きく」と指導する。自身も次に描くのは「いつかはワールドカップのピッチに立ちたい」という大きな夢。世界の舞台へ羽ばたく日まで、試合を支える立役者の挑戦は続いていく。
 

関連記事powered by weblio


小田原版の人物風土記最新6件

大島 寛史さん

小田原を拠点に活動する劇団「チリアクターズ」を主宰する

大島 寛史さん

4月23日号

水谷 尚人さん

株式会社湘南ベルマーレの新社長に就任した

水谷 尚人さん

4月16日号

川口 竹男さん

小田原市立病院の病院長に就任した

川口 竹男さん

4月9日号

牧 いずみさん

開局10年目を迎えたFM小田原の最長寿番組「モーニングガーデン」でパーソナリティを務める

牧 いずみさん

4月2日号

馬見塚(まみづか) 昭久さん

本日開催「レッツ朗読フェスティバル」を主催する小田原文学サロンの実行委員長を務める

馬見塚(まみづか) 昭久さん

3月26日号

平野 亜矢子さん

野良猫や保護犬専門のSwingどうぶつ病院の院長を務める

平野 亜矢子さん

3月19日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク