小田原版 掲載号:2012年2月25日号

(PR)

早期発見で機能温存!! 足柄上病院シリーズ【5】医療レポート

胃がん などに適応

最新の内視鏡治療「ESD」を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「定期的な健診が大事」と話す      國司(くにし)医師
「定期的な健診が大事」と話す      國司(くにし)医師

 わが国の部位別がん罹患数で上位にくるのが、胃がんだ。胃がんは進行すると、手術ができたとしても半分以上の胃を切除することになり、身体への負担も大きくなる。早期の場合、従来の内視鏡治療が進化した「ESD」という新しい治療方法が確立され、保険適応にもなっているということをご存知だろうか。昨年から足柄上病院でも導入されたと聞き、総合診療科の國司洋佑医師(消化器が専門分野)に話をうかがった。

 「ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)は胃等の消化管にできた早期がんを中心に行われる治療です。従来のEMR(内視鏡的粘膜切除術)に比べ、範囲の広い病変を確実に一括切除することができ、局所再発のリスクも少ないです」。ESD治療中は鎮静剤が処置されるので、患者は寝ている間(約2〜3時間)に終わるという。翌日から食事ができ入院期間も一週間程。「胃の機能が温存されるので生活の質が保たれます。早期発見で健康寿命をぜひ伸ばしてほしい」と國司医師は訴える。

 ESDの適応となる早期胃がんは、本人の自覚症状がまだほとんどない。「他の理由で行った検査時や健康診断でみつかるケースが大半です」と説明する。

 県西地区は健診受診率が低いといわれる。早期発見には定期的な健診や人間ドックを受け、健康管理をすることが鍵になる。※足柄上病院=総合診療科/新患受付は平日8時半〜11時。

取材協力/県立足柄上病院
 

地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立足柄上病院

神奈川県足柄上郡松田町松田惣領866-1

TEL:0465-83-0351
FAX:0465-82-5377

http://kanagawa-pho.jp/osirase/byouin/asigarakami

小田原版のピックアップ(PR)最新6件

国際医療福祉大の新校舎オープン

モデルハウスを限定販売

「一条工務店」の性能が詰まった高性能住宅 市内飯泉

モデルハウスを限定販売

4月2日号

小田原城を眺める戸建賃貸

城山についに完成!

小田原城を眺める戸建賃貸

3月19日号

賢い相続対策セミナー

「低金利を味方につける相続対策とは」など

賢い相続対策セミナー

3月19日号

県西地域に自転車の駅

自転車で”未病を治す”

県西地域に自転車の駅

3月19日号

お寺が見守る納骨堂

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク