小田原版 掲載号:2012年3月3日号

提灯と間伐材のコラボ

小田原らしさ一脚に

城北工高生が木製ベンチを寄贈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大人3人が腰掛けられる木製ベンチ。座面は提灯に似せて丸みを持たせている
大人3人が腰掛けられる木製ベンチ。座面は提灯に似せて丸みを持たせている

 伝統工芸品「小田原提灯」をモチーフに、小田原城北工業高校の生徒が制作した木製ベンチ4脚が、小田原市に贈られた。班長の君島翔太君(写真右から2人目)と安藤裕輔君(同3人目)、荒井比呂君(同4人目)は2月22日に市長室を訪れ、加藤憲一市長に直接寄贈。市庁舎と小田原城、清閑亭に設置され、小田原らしさの演出に役立てられる。

 木製ベンチは同校建設科の課題研究の一環として、3年生8人が中心となって制作した。昨年寄贈したものと異なり、今回は地元の間伐材を活用。これまで利用していた輸入材と比べ「節の部分が固く、加工が特に難しかった」と、君島君は振り返る。安藤君は「木の香りがよく、印象的だった」と話している。

 高校3年間の集大成に、地域の特性をデザインと材質の両面から生かした木製ベンチ。メンバーの中には、将来大工や建築家を目指す生徒もいる。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

自転車の秘めたる可能性

神輿宮入  トリは「西海子(さいかち)」

松原神社例大祭

神輿宮入 トリは「西海子(さいかち)」

4月23日号

神奈川の若手俳優が公演

ひとまずお別れ

二宮神社鳥居御用材

ひとまずお別れ

4月23日号

恐るべし、総構とブラタモリ

体験レポート【8】

恐るべし、総構とブラタモリ

4月23日号

リニューアルオープンまであと8日

平成の大改修 小田原城天守閣

リニューアルオープンまであと8日

4月23日号

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク