小田原版 掲載号:2012年3月10日号

精肉店から女川へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
送ったマスクを手にする女川の子どもたち
送ったマスクを手にする女川の子どもたち

 小田原ゆとり塾支援プロジェクト(片山康子代表)では、宮城県の女川第二小学校へ支援物資を送り続けている。市内荻窪の片山精肉店で募金を集め、要望を聞いた上で必要なものを購入。新品に限り、衣服なども受付てきた。

 震災直後から10回に渡って支援。写真が添えられたお礼状も届き、交流が続いている。次回は新学期に向け、小学生用の靴下(新品)と文具を贈る予定だ。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク