小田原版 掲載号:2012年3月10日号

梅の里で新たな技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作業に興味津々の児童
作業に興味津々の児童

 神奈川県農業技術センターが開発した「樹木の樹体ジョイント仕立て法」が今年1月に特許を取得。今月2日には地域の特産物である「梅」を題材に総合学習を行っている下曽我小学校(田中誠校長/児童数203人)の3年生(35人)を前に実験が行われた。

 梅の苗木を60cmほどの高さで折り曲げ、隣り合う苗木同士を繋ぐ新しい栽培方法。当日は昨年11月に同校児童が定植した苗木を使い、市梅研究会指導のもとジョイント作業が披露された。

 同センターによると通常梅は、苗木の植え付けから収穫まで5〜6年掛かるが同方法では3〜4年で収穫に至り、新品種の早期普及や、生産量の確保が可能となるという。また低樹高により、剪定や収穫作業での高所作業が回避でき、作業時間の短縮にも繋がることから、将来的に生産現場での普及が期待されている。
 

関連記事powered by weblio


医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

小田原版のトップニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク