小田原版 掲載号:2012年3月31日号

優しさ息づく木葉書 社会

間伐材利用で森林保全 4月発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寄木のしおりとセットで500円
寄木のしおりとセットで500円

 西湘、足柄地域の杉とヒノキの間伐材、端材を利用した木葉書「森からの手紙」が小田原市など県西2市8町の郵便局55局で4月2日(月)から販売される。小田原市の森林・林業再生に向けた地場産材活用の取り組みに市内の郵便局が賛同して実現した。

 森林の整備・保全だけでなく、印刷や包装を市内の障がい福祉施設に依頼することで、福祉にも貢献しているという。

 葉書は小田原城と二宮金次郎をあしらった県西地域ならではのデザイン。地元の伝統工芸品である寄木のしおりとセットで500円(税込)で販売する。80円切手で郵送可能。問合せは郵便局株式会社南関東支社営業本部【電話】045・228・2547まで。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

12代目團十郎さんの衣装展示

12代目團十郎さんの衣装展示

ういろう本店で2月末まで

2月1日~2月28日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク