小田原版 掲載号:2012年4月21日号

竹の花に「シェア」事務所

若手クリエーターを応援、「旧三福」がオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
主宰の山居さん(左端)。14日に行われたオープンイベントに、同居するメンバーたちも駆けつけた
主宰の山居さん(左端)。14日に行われたオープンイベントに、同居するメンバーたちも駆けつけた

 様々な職種の人が仕切りのない一つの事務所に同居(シェア)し、仕事や創作活動などを行うコワーキング(共同事務所)スペースが、市内栄町に誕生した。主宰は市内本町在住のクリエーター、山居是文さん(33)。竹の花商店街の中華食堂「三福」を改築し、昼間はコワーキング、夜と週末は教室やイベントスペースとして使う。親しみと敬意を表し、「旧三福」と名づけられた。

 7の個人、団体が同居し、メンバーは20代から40代。会社に勤務しながら休日に利用するという人もいる。アートコーディネーターの牛山惠子さんは1カ月に2回程、お勧めの本を紹介するライブラリーカフェを計画。また、ハンモック研究会代表の野地みづ江さんは、ハンモックを常設展示する拠点として利用。体験イベントも企画している。「若いクリエーターが活動しやすくなるように、また、新しいライフスタイルをつくる人を応援し、素敵な人が集まる場として盛り上げていきたい」と山居さんは話している。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク