小田原版 掲載号:2012年4月28日号

意見広告

経済活性化へ、着々と始動

小田原市長 加藤憲一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 豊富な資源を活かした地域経済活性化の強力な推進は、今後の小田原にとって最重要課題。その具体化に向け、様々な取り組みが着々と始動しています。

【1】交流人口の拡大策

 ◆ウォーキングタウンづくりでは、清閑亭・小田原文学館・松永記念館の3施設を結んだエリアの魅力アップへ取り組み中。◆歴史まちづくり法の認定を受けた計画に沿って、歴史的建造物や街並みの修景作業が始動。◆地下街では、年間3千万人を超えるアークロード利用者の何割かを街なかに導き入れる魅力的空間作りを目指し、鮮魚・野菜・食品加工・木工・菓子など、地場産業の担い手の方たちと連携へ。◆新市民ホールを核とする芸術文化創造の活力を、周辺商店街の賑わいに繋げるべく、杉並の高円寺など先進地域との交流を開始。◆街なか居住の拡大と魅力ある商業空間づくりを目指す再開発手法の研究もスタート、等々。

【2】各種地場産業の振興

 ◆小田原産木材を使った家づくりのモデル開発に向け、「いこいの森」で5棟のバンガローを建てるプロジェクトが開始。◆農産物を高付加価値化し、名物料理や名産品を作る6次産業化への研究に、婦人団体の皆さん等と着手予定。◆豊富な水産資源の加工・商品化・ブランド化に向け、水産庁との人事交流を開始。◆高い木工技術で木製玩具の一大産地化を目指すプロジェクトの始動、等々。

 この他にも多くの事業化案件があり、小田原の可能性はまさに無尽蔵です。
 

おだわらを拓く力

小田原市栄町2-13-1-2F

TEL:0465-21-0526

http://www.katoken.info

小田原版の意見広告・議会報告最新6件

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク