小田原版 掲載号:2012年5月26日号

市長選

大野氏、政策を訴えきれず 政治

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
支援者に謝辞を述べる大野氏
支援者に謝辞を述べる大野氏

 大野眞一氏は、市議会議員通算7期の経験、市議選でトップ当選を続けてきた地盤を基礎に、市民税10%減税や市長報酬50%カットなどの政策を訴えた。また、「減税日本」の推薦を受け、選挙中は河村たかし名古屋市長も応援に駆けつけた。しかし小田原市民の選択は、大野氏による変革よりも加藤氏の続投だった。

 落選が決まると、大野氏は集まっていた支援者に「私の不徳の致すところ」と深々と頭を下げた。また、選挙戦を振り返り「早朝からありがとうございました。ご尽力いただき、感謝を申し上げます」と謝辞を述べた。敗戦の要因について「小田原を何とかしたいという気持ちで臨んだが、説明不足もあり、訴えていた政策が浸透しなかった。加藤市長には小田原を元気に盛り上げていってほしい」と話した。

鈴木氏3年後の市議選出馬か?

 市議会議員を辞職し、選挙戦に臨んだ鈴木美伸氏。防災対策日本一のまちづくりなど自ら作詞した歌で政策を訴えるユニークな選挙活動を展開したが、得票数は4951票。有効得票数の十分の一に届かなかったため、供託金100万円の没収が確定した。

 当社の取材に対し鈴木氏は「思ったよりも現職が強かった。浮動票を狙っていたがこなかった。むしろ無かったのかもしれない。予測が外れた」と話した。また、「3年後の市議選は協力してくれる人がいるのならば是非立候補したい」と今後の展望を話した。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

自転車の秘めたる可能性

神輿宮入  トリは「西海子(さいかち)」

松原神社例大祭

神輿宮入 トリは「西海子(さいかち)」

4月23日号

神奈川の若手俳優が公演

ひとまずお別れ

二宮神社鳥居御用材

ひとまずお別れ

4月23日号

恐るべし、総構とブラタモリ

体験レポート【8】

恐るべし、総構とブラタモリ

4月23日号

リニューアルオープンまであと8日

平成の大改修 小田原城天守閣

リニューアルオープンまであと8日

4月23日号

小田原歯科医師会 記念講演会

教育評論家の尾木直樹(尾木ママ)氏、作家の鎌田實氏による講演会を開催します。

http://odawarashika100.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク