小田原版 掲載号:2012年7月21日号

蓄音機コンサートを開いている

村田 淳一さん

(有)ユニ電子工業代表 66歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あの頃」を追い求めて

 〇…「呼んでくれれば老人ホーム、学校、病院、どこでも行くよ。全部車に積んでね」。部屋の中にはアンティーク家具のような蓄音機やスピーカーがずらり。これまで小田原駅前のショッピングセンターや湯河原の図書館で蓄音機コンサートを開催、懐メロファンを唸らせてきた。きっかけは自身の還暦。「世の中にどんなお返しができるだろう」と部屋を見渡すと父が好きだったポータブル蓄音機が目に入った。小学生の頃から飛行機や船の模型いじりにのめりこみ、蓄音機も構造を知ろうと分解。ひどく怒られたが、仕組みは心にしっかりと刻まれたという。熱海高校で無線を始め、交信を通じて「工作オタク」の友達を増やした。日本工学院専門学校でテレビを学び、家電の店でテレビ修理に従事、20代で独立。市内延清に工場を構え、普段は学校や工場の音響修理にまわる。仕事帰りにきまって眺めるのが三丁目の夕日ならぬ「下曽我からの夕日」。

 ○…キコキコとハンドルを回し、針を円盤に載せてつぶやいた。「まめに油をさして手入れしないと。グリスが切れると人間だって…そりゃアルコールだな」。ただ昔のレコードをかければ良いというわけではない。「私の若い頃の曲」は聴き手によっても変わるため、各地の「骨董市」を歩いてレコードを物色。ホコリだらけの円盤を買い、洗剤で磨いて試聴するのだが、コンサートで使えるものは100枚買って1割あるかどうか。たまったレコードは1000枚を超えた。

 ○…レコードの溝に溜まった何かがカサカサ、プチプチと響き「荒城の月」が流れ出す。この際、機種を変えて聴き比べてみましょう、と解説が止まらない。「CDに比べたら確かに音は悪いでしょ。でもこれが、昔の音なんです。お年寄りの心を動かす何かがあるんですよ」。現代のオーディオが重低音を出し、完璧な無音を作り出すのとは違う。ラッパからは昭和の空気が吹き出していた。
 

関連記事powered by weblio


小田原版の人物風土記最新6件

大島 寛史さん

小田原を拠点に活動する劇団「チリアクターズ」を主宰する

大島 寛史さん

4月23日号

水谷 尚人さん

株式会社湘南ベルマーレの新社長に就任した

水谷 尚人さん

4月16日号

川口 竹男さん

小田原市立病院の病院長に就任した

川口 竹男さん

4月9日号

牧 いずみさん

開局10年目を迎えたFM小田原の最長寿番組「モーニングガーデン」でパーソナリティを務める

牧 いずみさん

4月2日号

馬見塚(まみづか) 昭久さん

本日開催「レッツ朗読フェスティバル」を主催する小田原文学サロンの実行委員長を務める

馬見塚(まみづか) 昭久さん

3月26日号

平野 亜矢子さん

野良猫や保護犬専門のSwingどうぶつ病院の院長を務める

平野 亜矢子さん

3月19日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク