小田原版 掲載号:2012年7月28日号

(PR)

徳洲会医療レポ【1】

睡眠時無呼吸は専門的な治療を

「眠れば眠るほど生命が縮みます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
近藤哲理 副院長
近藤哲理 副院長

 睡眠時無呼吸症候群は、就寝中の頻繁な無呼吸により様々な弊害を引き起こす疾患だ。茅ヶ崎徳洲会病院では昨今増加傾向にあるこの症状に対し、専門外来を設け、相談や検査、治療を行っている。

昼の眠気と夜のいびき…

 自分では気付かないが、熟睡不全による昼間の体調不良と眠気。また『眠るほど危険な病気』と言われる訳は、無呼吸による酸素欠乏が繰り返されることで突然発症する脳卒中や心筋梗塞などの恐れがあるため。

 茅ヶ崎徳洲会総合病院の近藤哲理Dr(副院長兼健診センター長)は「正確な診断は1泊入院での睡眠ポリグラフ検査が必要ですが、自宅での簡易装置でも治療が必要な状態かは分かります。人間ドックの追加検査が出来る施設もあります」と話す。

 横向き寝や減量、マウスピースといったものから鼻マスクなど、症状の重さにより治療法は様々。「長期間の治療が必要な場合もあるので、診断と治療の開始は専門医の方が良い場合もあります」と近藤Drはアドバイスする。

 同病院の専門外来は(水)、(木)、(金)の午後1時30分〜3時。内科は(月)〜(土)午前8時から正午まで対応している。■取材協力・茅ヶ崎徳洲会総合病院
 

茅ヶ崎徳洲会総合病院

神奈川県茅ヶ崎市幸町14-1

TEL:0467-85-1122

http://www.chigasakitokushukai.jp/

小田原版のピックアップ(PR)最新6件

国際医療福祉大の新校舎オープン

モデルハウスを限定販売

「一条工務店」の性能が詰まった高性能住宅 市内飯泉

モデルハウスを限定販売

4月2日号

小田原城を眺める戸建賃貸

城山についに完成!

小田原城を眺める戸建賃貸

3月19日号

賢い相続対策セミナー

「低金利を味方につける相続対策とは」など

賢い相続対策セミナー

3月19日号

県西地域に自転車の駅

自転車で”未病を治す”

県西地域に自転車の駅

3月19日号

お寺が見守る納骨堂

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク