小田原版 掲載号:2012年8月25日号

手作り紙芝居に想い込め

国府津の古谷さん ボランティアで上演重ねる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市内国府津在住の古谷正子さんによる手作り紙芝居の上演会が7月22日、柳新田の喫茶店「かくれんぼ」で行われた。古谷さんが手にするのは、新聞広告のカラーページをちぎって作ったお手製の紙芝居だ。

 この日上演されたのは、自身の戦争体験をもとに作られた紙芝居「いのち」。都内大森での東京大空襲と、疎開先の小田原市多古で遭遇した空襲体験がもとになっている。

 古谷さんが紙芝居作りを始めたのは7年前に退職してから。「いのち」については、構想は以前からあったが「暗い話で、思い出すのがつらい記憶だったため、なかなか製作が進まなかった」と話す。今でも爆音や空襲警報のサイレンが耳に残ると言い、記憶が薄れる前に形にして人に伝える必要性を感じたという。

上演と歌の会を開催

 「いのち」は明日26日(日)に国府津の長谷川さん宅で上演される。古谷さんと共に高齢者施設等でボランティアを行う、ピアノ講師の樽木圭子さんのコンサートと合わせた約1時間の催し。午後1時半スタート。

 観覧を希望の人は【電話】0465・48・2855長谷川さんまで問合せを。

=関連に人物風土記
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク