小田原版 掲載号:2012年11月2日号

規格外の魚に活路 経済

小田原ブランドを全国へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
認定書を受取る又野さん(左)
認定書を受取る又野さん(左)

 商品として流通されない規格外の魚と地元野菜を活用した、株式会社COTE(コート)(山北町岸・又野裕二取締役社長)の商品開発・販売計画が10月1日、国の「地域産業資源活用事業計画」に認定された。同社は補助金や減税などの支援を受け、全国に小田原ブランドを発信していく。

 大井町の寿司店「うまけりゃいい屋」の店主の顔を持つ又野さんは、5年前から小田原魚市場と協働して規格外の魚を活用した商品開発に取り組んできた。目的は漁業、農業などの第一次産業の支援と地域経済の活性化。又野さんは「美味しいものを作ることでしか皆さんの役に立てないが、様々な業種が連携して小田原をブランド化し、『地産他消』をめざしたい」と全国展開を視野に入れる。

 認定を受けたのは、未活用の魚を、地域に伝わる漁師料理の技法で調理する「鯵ダレ」など。鯵をダシにした「冷汁」を現代風にアレンジした商品だ。梅干生産の過程で生まれる梅酢も活用し、「ほうじょうのめぐみブランド」として来年4月の販売を予定している。
 

鯵ダレを使ってつけ麺風の料理に
鯵ダレを使ってつけ麺風の料理に

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク