小田原版 掲載号:2012年12月15日号

地域医療の未来を照らす

市内2校で戴帽式

聖火に誓う医療従事者としての自覚
聖火に誓う医療従事者としての自覚

 小田原高等看護専門学校と小田原看護専門学校(共に伊藤進校長)で先月6日と今月5日、戴帽式が行われた。

 看護師としての責任感や意識の高揚を目的に毎年おこなわれているこの儀式。今回ナースキャップを受け取ったのは高等看護専門学校第19回生42人、看護専門学校准看護学科第49回生43人。

 伊藤校長は「2年間しっかり勉強して立派な看護師になってもらいたい」とあいさつ。また両校の設置者で(社)小田原医師会の横田俊一郎会長は「卒業してこの地域の医療を担っていく人材になってほしい」と祝辞を述べた。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク