小田原版 掲載号:2012年12月22日号

再生可能エネルギー

地域主体の会社設立

メガソーラーも建設予定

 エネルギーの地産地消を目指し、協議を進めてきた小田原再生可能エネルギー事業化検討協議会。このほど市内20数社から3400万円の出資が集まり「ほうとくエネルギー株式会社」を11日に立ち上げたと発表した。

 同社の代表には元ソニー(株)常務の簑宮武夫氏が就任。市民参加型の再生可能エネルギー事業を行い、地域経済の活性化や震災時のエネルギー供給など地域への貢献を目指す。

 小田原市は同協議会の検討を踏まえ、公共施設の屋根等に太陽光発電設備を設置する「屋根貸し事業」を実施すると発表した。同社は2013年2月中旬から公募される同事業への応募を予定している。

 また同社は大規模太陽光発電事業に取り組むことも明らかにした。市内の未利用地に1メガW(ワット)クラス(広さ約2ha(ヘクタール))の太陽光発電所を建設し、電力会社への売電により収益を得る。

 いずれの事業も市民や地元企業の出資により資金の一部を調達。売電で得た収益を出資者に還元する。今後、出資者は地域の団体などを通じて募っていく予定。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

宿敵撃破で初IHへ

旭丘高相撲部

宿敵撃破で初IHへ

6月25日号

放置自転車抑制に一手

なるか、五輪出場

県西版DMOが発足

白秋童謡館など改修

6月補正予算

白秋童謡館など改修

6月11日号

子ども食堂が酒匂に誕生

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク