小田原版 掲載号:2013年4月6日号
  • googleplus
  • LINE

市役所総合案内所 寄木で"木の街"PR 温もり溢れる雰囲気に

松や檜でつくられたカウンター
松や檜でつくられたカウンター

 小田原市役所2階の総合案内所が、温かみのある空間へと生まれ変わった。3月下旬から改装工事を行い、間伐材など地元の木材を使用したカウンター、壁面には和紙があしらわれている。

 「以前に比べ明るくなった。木工の街である小田原らしい」。4月1日に市役所を訪れた女性はにっこり笑い、目的の課へと向かった。

 さまざまな樹種が育ち、寄木など伝統木工技術が根付く小田原・箱根エリア。市は、「木の文化」を後世に継承しようと、木材を用いて案内所を改装した。カウンターの両端の柱には小田原城内の「松」、市松模様の前面は森の再生のために間伐された小田原の「檜」。樹齢400年以上の「杉」を天板に、壁には台風で倒れた一夜城跡の「さわら」で棚を設置した。

 地場の素材をふんだんに盛り込んだ案内所のリニューアルには、地元の職人たちも一役買った。

地元職人らの協力で実現

 荻窪で製材所を営む大山謙司氏が木を磨きあげ、東町の棟梁・芹澤毅氏が組み立てた。仕上げに、全体を設計したデザイナー・伊藤陽子氏が携わる埼玉県小川町の「小川和紙」を壁面に装飾した。「案内所を通じて地元の木にふれてもらえれば。今後はブランド化を目指したい」と市農政課。

 案内所の受付をする堀口祐利子さんは「香りが良くてすばらしいという声が寄せられています。居心地もいいですよ」と話し、笑顔で来庁者を迎える。
 

小田原版のトップニュース最新6件

一般会計682億円

2018年度予算案

一般会計682億円

2月17日号

いざ、全国選抜へ

かなごてファームが受賞

かながわ地球環境賞

かなごてファームが受賞

2月10日号

小田原の観光支え20年

10代の居場所 開設へ

梅まつりきょう開幕

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

南足柄で街コン

参加者募集

南足柄で街コン

3月3日(土)ezBBQcountryで

3月3日~3月3日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク