小田原版 掲載号:2013年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

朝の漁港に活気 あじまつり盛況で幕

マンボウの解体に興味津々
マンボウの解体に興味津々

 旬を迎える小田原の鯵や、魚種豊富な相模湾の魅力を紹介する「あじ・地魚まつり」が5月19日、小田原漁港で行われた。

 午前7時半の「地魚供養の儀」では、松原神社の村上道明神主が海にむかい、祝詞をあげた。市内から参加し金魚すくいならぬ「鯵すくい」を体験した杉崎劉世君は「楽しかった」と笑顔を見せた。

 目玉イベントの一つ、マグロの解体ショーには、職人の鮮やかな手つきを見ようと多くの見物客が集まった。マグロはその場でセリにかけられ、会場には熱気があふれた。

 まつりの2日前に江之浦で定置網にかかった体長2・4mのマンボウも包丁と手で巧みに解体され、購入客が列をつくった。
 

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

南足柄で街コン

参加者募集

南足柄で街コン

3月3日(土)ezBBQcountryで

3月3日~3月3日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク