小田原版 掲載号:2014年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

箱根登山鉄道(株)の取締役社長を務める 府川 光夫さん 秦野市在住 60歳

「集客」の水先案内人

 ○…昨年、箱根登山鉄道(本社・市内城山)の社長に就任。年間2千万人におよぶ箱根町への観光客の足元を支えている。「集客には自社だけでなく、他社との協力が必要不可欠。相乗効果で魅力を発信し続け、リピーターを増やすことが一番大切」と持論を唱える。厳しい自然環境を走る鉄道だけに安全対策には力を入れている。それでも2月に立て続けに降った大雪はさすがに困った様子。通勤通学者のために「(箱根)町長から直々に、『お願いしますよ』と電話がありました」と苦笑い。その役目の大きさを肌で感じたようだ。

 ○…地図を見ては難読な国名を覚えたり、空想旅行を楽しんでいた小学生時代。その頃芽生えた「大学に行きたい」という思いを胸に西湘高校へ進学した。大学では恩師の影響で美術館めぐりや、アイルランドなどに興味を持ち、充実した生活を送った。「今でも地図を見るのは好き。いつかはアイルランドに行ってみたい」と語る目は子どものように輝いていた。

 ○…秦野市の菖蒲生まれ。大学卒業後「転勤がなく、自宅から通える会社」と馴染みのあった小田急電鉄に入社した。しばらく本社勤務だったが突然、九州・大分への出向が決まる。縁もゆかりもなかった土地に5年。そこで奥さんと出会い、結婚。「縁もゆかりもある」第2の故郷になった。「フグがおいしくてね」。そう話す笑顔に夫婦円満がにじみ出ていた。

 ○…現在、解体中の「ベルジュ」は小田原初のデパート。「『小田原にデパートができた』と、家族と訪れ、屋上のレストランで食事をした」のは遠い日の良い思い出。跡地に建設予定の商業施設は「『小田原の顔』となる魅力あるものをつくりたい」と意気込む。そのためには「ただつくるだけではダメ。当社だけでもダメ。まち全体を楽しんでもらえるように考えないと」と強い口調で語る。思い出の「小田原の顔」復活に決意を漲らせた。

星槎国際小田原 4月1日開校

多様な選択肢を持つ、生徒が主役の高校 入学、転編入の個別相談も4月2日~

http://www.seisa.ed.jp/

<PR>

小田原版の人物風土記最新6件

剣持 港さん

青年海外協力隊としてルワンダに派遣された

剣持 港さん

3月31日号

林 美禰子(みねこ)さん

相模人形芝居下中(しもなか)座の座長を務める

林 美禰子(みねこ)さん

3月24日号

神保 貴史さん

競技かるた愛好者の「小田原かささぎ会」の会長を務める

神保 貴史さん

3月17日号

白坂 一さん

特許事務所の所長、IT企業の社長として活躍する

白坂 一さん

3月10日号

高村 完二さん

小田原市観光協会DMO推進マネージャーを務める

高村 完二さん

3月3日号

森 隆信さん

瀬戸酒造の自家醸造を復活させた

森 隆信さん

3月2日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手木工職人の作品展

若手木工職人の作品展

根付コンペも実施

3月25日~4月8日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月31日号

お問い合わせ

外部リンク