小田原版 掲載号:2014年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

東日本大震災3.11から3年 Action of オダワラ ダイナシティウエスト 災害に備え太陽光稼働

津波発生時には8000人を受け入れるダイナシティウエストの屋上に、太陽光発電が搭載された
津波発生時には8000人を受け入れるダイナシティウエストの屋上に、太陽光発電が搭載された

 津波一時避難施設に指定されている市内中里の大型商業施設、ダイナシティ(大嶌啓介社長)が、太陽光発電・蓄電池設備を導入した。避難発生時の施設運営に最低限必要な電力を確保し、防災機能を強化することが目的。定格出力は17・5kW、蓄電池の電力量は16・87kWhで、災害時には照明設備や情報収集のためのテレビ・ラジオ、避難者の携帯端末の充電用電源などへの使用を見込んでいる。担当の唐牛豊知(かろうじたかし)さんは「安心して避難できるよう地域防災の一役を担えれば」と話す。

 太陽光発電は3月15日から稼働しており、発電量や蓄電池残容量は、ダイナシティウエスト4階フロアと立体駐車場5階とをつなぐ出入口に設置されたモニターで随時確認することができる。また、通常の営業時にも商用電源のピークカット、ピークシットを行うなど、省エネ効果が期待されている。
 

モニターには随時発電量を表示
モニターには随時発電量を表示

星槎国際小田原 4月1日開校

多様な選択肢を持つ、生徒が主役の高校 入学、転編入の個別相談も4月2日~

http://www.seisa.ed.jp/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手木工職人の作品展

若手木工職人の作品展

根付コンペも実施

3月25日~4月8日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月31日号

お問い合わせ

外部リンク