小田原版 掲載号:2014年10月31日号

小田原勝福寺

33年ぶりに秘仏ご開帳

明日11月1日から記念行事

33年ぶりに扉が開く
33年ぶりに扉が開く

 小田原市飯泉の飯泉山勝福寺(通称飯泉観音/峯孝雅住職)で開創1250年を記念し、本尊の秘仏・十一面観世音菩薩が33年ぶりに開帳される。明日11月1日(土)から5日(水)までは開帳大法会として、記念行事が多数執り行われる。

 勝福寺は坂東三十三観音の第五番札所。京都東寺真言宗の名刹で、毎年12月17・18日に行われる「だるま市」などで知られ、地元の人に親しまれている。

 今回33年ぶりにお目見えする本尊は、1969(昭和44)年に再建された本堂に安置されており、ともに神奈川県の重要文化財に指定されている。普段その姿を見ることは出来ず、33年前の開帳にも立ち会った峯住職は「やさしい顔つきの菩薩さまに再び会えると思うとうれしい。たくさんの人に見に来てほしいです」と、開帳を心待ちにしている様子。

 記念行事は1日の午前9時半から。開白庭儀大法要での幕開け後、5日間にわたり、護摩供や法要に加え、長唄三味線や浪曲の演奏、マジックショーなどの芸が奉納される。

 3日には午後1時から、境内の仮設舞台で小田原高校出身の噺家、柳家三三さんが落語を奉納。終了後は、三三さんと直木賞作家の三浦しをんさんの特別対談がある。

 同寺には、講談『寛政力士伝』に登場する力士・雷電為右衛門の手形なども残されており、見どころが多数。いずれの催しも全て無料。問合せは同寺の開帳大法会実行委員会事務局【電話】0465・47・3413。
 

小田原版のトップニュース最新6件

「酒匂」が10連覇

おだわら駅伝

「酒匂」が10連覇

1月21日号

合併は新設か、編入か

2市任意協議会

合併は新設か、編入か

1月21日号

過去最高を更新

小田原城天守閣入場者

過去最高を更新

1月14日号

なるか、酒匂10連覇

整備事業者に万葉倶楽部

お城通り地区再開発

整備事業者に万葉倶楽部

1月7日号

花咲く1896人集う

関連記事(ベータ版)

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

安藤ニキさんが絵画展

安藤ニキさんが絵画展

清閑亭で24日から

1月24日~2月5日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク