小田原版 掲載号:2015年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

語り継ぐ戦争の記憶 ―シリーズ 終戦70年―

田中美代子さん(90)1924年生まれ 市内城山在住
田中美代子さん(90)1924年生まれ 市内城山在住

 終戦70年を迎える今年、小田原に残る戦争の記憶を、人・もの・場所を介してシリーズで綴る。初回は終戦の年の3月まで代用教員をしていた田中美代子さん(90)。

 終戦時は真鶴の福浦村国民小学校(現・福浦小学校)の代用教員を務める20歳の乙女だった。男性教員は戦地に駆り出されていて、「元気な人はとにかく働かなければ」と、女性教員が多かったことを覚えている。  新玉小学校そばの自宅から電車で通勤。空襲警報で電車が止まることもたびたびあった。警報が鳴ればたとえ夜中でも、御真影を守るために学校へ駆けつけた。

 真鶴駅は、身近に見た「戦争」の象徴と言えた。日本の勝利を信じて疑わなかった時は出征兵士を見送り、敗戦の色が濃くなってからは、英霊を迎えに行くことが多くなった。「子どもたちを連れていくんです。真鶴は高橋姓が多かったから、送り出す時の万歳は、下の名前を呼んでね」。

裕福も貧乏もない「それが戦争」

 4人兄弟の兄2人はまったく違う運命をたどった。葉山小学校の教員をしていた長兄は、結核に罹り終戦を待たずに22歳で他界。すぐ上の兄も成績優秀だったが、学徒動員は避けられず、甲府連隊へ入隊した。

 1945年7月末、入隊していた兄から届いた1枚の葉書。「いよいよどうも南方の方にやられる(派遣される)らしい」という文面にいてもたってもいられず、3日並んで切符を手に入れ、甲府へと向かった。 「きんぴらにこんにゃく、ごちそうがぎっしりでした」。身延線に乗り込んだ膝の上には、叔母たちが用意した重箱がのっていた。道中、機銃掃射にあうも、重箱は無事に兄のもとへ。この兄は終戦直後の8月19日に帰還を果たす。「シラミだらけで、何日も服をお釜で煮て消毒したのよ」。肉親が戻った喜びはひとしおだったろう。

 米を作っていた父の実家の栢山には、親類や知り合いがよく訪れた。「メリケン粉と引き換えに着物や帯を持ってくるのだけれど、お金にはならないの。着ていく所もないし、田んぼのかかしが金襴緞子(きんらんどんす)をまとっていてね」。ミャンマーから復員した男性と結婚し、戦後を生きた。
 

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

暑中お見舞い申し上げます

NPO法人子どもと生活文化協会

8・19(日)映画「世界でいちばん美しい村」上映会@生涯学習センターけやき

http://www.clca.jp/

新名学園旭丘高等学校

地域立・市民立の私学 2019年度生徒募集…8/25(土)学校説明会 

http://www.niina-gakuen.jp/

mamashug

「100の言葉よりhug」をモットーにふれあいの輪を広げています。

http://www.mamashug.net/

住まいの事ならハマーホーム㈱

海・山・歴史 一緒に暮らそう小田原で!! 家づくりの夢をお聞かせください

http://www.hama-home-kanagawa.com/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

地域密着の測量・設計 秋山設計

建築・開発設計・測量を一手に担う技術者集団です。土地家屋調査士事務所併設

http://www.akiyamasekkei.jp/

スーパー「小田原百貨店」

あたなの街のパントリー!良品廉価で食卓に安心安全を。最新チラシWEBで配信中

http://www.odawara100.com/

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは県内で平塚・茅ヶ崎・小田原で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猛暑で割引

猛暑で割引

小田原城

7月20日~8月31日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク