小田原版 掲載号:2015年3月21日号
  • googleplus
  • LINE

実現するか”協働管理” 住民による定期点検案も

社会

桜並木は開花後の清掃も課題
桜並木は開花後の清掃も課題
 まもなく開花シーズンを迎える城山3丁目の桜。今後もその景観を楽しむため、一部住民からは行政との協働管理が提案されている。

 市内の街路樹は行政が管理。市道に植栽された3丁目の桜についても、市みどり公園課が週に1回定期巡回で訪れ、異常をチェックする。3本がすでに伐採された今回のケースは、倒木の危険性があるとして計画。市との協働管理を提案する地元の瀬戸ひふ美さん(31)は3月14日、第1区自治会の役員会で「住民も携わることで危険回避につながるのでは」と語った。

樹木医「誰でも健康把握できる」

 協働管理をする上での住民の役割は2つ。1つ目は、樹木の点検だ。樹木医の冨田改さん(69)によると、「簡単なレクチャーを受ければ、誰でも桜が元気か否かはある程度把握できる」という。簡易的なチェック表をつくり、定期的に住民が観察。異常があるときには行政へ報告する流れだ。

 2つ目は、花びらや落葉の清掃。これまでは、家の前に桜がある住民のみが清掃を担ってきた。「ピーク時には45リットルのゴミ袋が2日でいっぱい」(女性)など、地域の共有財産でありながらも負担は偏っていた。瀬戸さんは「私たち近隣住民の協力に加え、学校のボランティア清掃、自治会や子ども会の行事として組み込めないか」と具体案を示す。

 一括管理するみどり公園課は「地元の方が気にかけてくれるのはありがたい。点検や清掃で関わってもらえると、異常の早期発見にもつながる」と話す。自治会長の飯田晁巨さん(74)は「自治会でも何ができるか話したい」としている。

暑中お見舞い申し上げます

NPO法人子どもと生活文化協会

8・19(日)映画「世界でいちばん美しい村」上映会@生涯学習センターけやき

http://www.clca.jp/

新名学園旭丘高等学校

地域立・市民立の私学 2019年度生徒募集…8/25(土)学校説明会 

http://www.niina-gakuen.jp/

mamashug

「100の言葉よりhug」をモットーにふれあいの輪を広げています。

http://www.mamashug.net/

住まいの事ならハマーホーム㈱

海・山・歴史 一緒に暮らそう小田原で!! 家づくりの夢をお聞かせください

http://www.hama-home-kanagawa.com/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

地域密着の測量・設計 秋山設計

建築・開発設計・測量を一手に担う技術者集団です。土地家屋調査士事務所併設

http://www.akiyamasekkei.jp/

スーパー「小田原百貨店」

あたなの街のパントリー!良品廉価で食卓に安心安全を。最新チラシWEBで配信中

http://www.odawara100.com/

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは県内で平塚・茅ヶ崎・小田原で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猛暑で割引

猛暑で割引

小田原城

7月20日~8月31日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク