小田原版 掲載号:2015年5月16日号
  • googleplus
  • LINE

語り継ぐ戦争の記憶 ―シリーズ 終戦70年【12】―

文化

譲原良二さん(81)1933年生まれ 市内千代在住
譲原良二さん(81)1933年生まれ 市内千代在住

 終戦70年を迎える今年、小田原に残る戦争の記憶を人・もの・場所を介してシリーズで綴る。第12回は当時のメモと記憶を手がかりに、得意の水彩画と文章で後世に戦争を伝えようと小冊子を作成する譲原良二さん(81)。

 戦争が激化するに連れ、酒匂国民学校(現・酒匂小学校)の校庭は畑へと様変わりし、体育の授業も男子が木剣、女子はなぎなたの訓練の場となっていた。食糧難の時代。毎日腹を空かせながらの畑仕事、肥料となる児童の糞尿集め、草刈り、麦踏みなどの重労働をしていると誰からともなく歌い出す戦時歌謡が時折校庭に響いていた。だが、収穫したジャガイモやサツマイモは決して自分達の口に入ることはなかった。「勉強よりも戦争と奉仕活動が優先。生活用品、食糧も不足し、常に我慢し、必死で生き抜く日々だった」

 そんなある日、「天皇陛下がいなければこんな戦争は終わるんだ」という友人のメモが担任に見つかった。「教室内の机と椅子を後ろに寄せろ」と担任に命令され、皆の前にその児童がつまみ出された。「力任せに殴られ、蹴られる友人をただ見ているだけで、誰も止めることができなかった。あの光景は忘れられない」と苦い思い出を口にした。

 1945年7月頃は毎日のように警戒・空襲警報を聞きながらの生活。「怖い」に慣れてきていた。

 その日もいつも通り学校に登校すると空襲警報がなり、すぐに自宅へと返された。防空壕の入り口で待つ母に促され、急いで中に入った瞬間だった。飛行機の爆音とともに、これまでとは全く違う大きな爆発音に襲われた。父親がつくった自宅下の防空壕の壁は大きく揺れ、天井から大量の砂が落ちてきた。空襲警報が解除となり、外に出ると屋根に小さな穴が空いている箇所を発見。約5cmの爆弾の破片が突き刺さっていた。その破片で多くの人が負傷し、近所の友人も命を落とした。

 小冊子を通じて、「戦争は二度と起こしてはいけない」と後世に訴え続ける。
 

戦争の記憶を綴った小冊子
戦争の記憶を綴った小冊子

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

暑中お見舞い申し上げます

NPO法人子どもと生活文化協会

8・19(日)映画「世界でいちばん美しい村」上映会@生涯学習センターけやき

http://www.clca.jp/

新名学園旭丘高等学校

地域立・市民立の私学 2019年度生徒募集…8/25(土)学校説明会 

http://www.niina-gakuen.jp/

mamashug

「100の言葉よりhug」をモットーにふれあいの輪を広げています。

http://www.mamashug.net/

住まいの事ならハマーホーム㈱

海・山・歴史 一緒に暮らそう小田原で!! 家づくりの夢をお聞かせください

http://www.hama-home-kanagawa.com/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

地域密着の測量・設計 秋山設計

建築・開発設計・測量を一手に担う技術者集団です。土地家屋調査士事務所併設

http://www.akiyamasekkei.jp/

スーパー「小田原百貨店」

あたなの街のパントリー!良品廉価で食卓に安心安全を。最新チラシWEBで配信中

http://www.odawara100.com/

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは県内で平塚・茅ヶ崎・小田原で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猛暑で割引

猛暑で割引

小田原城

7月20日~8月31日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク