小田原版 掲載号:2015年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

語り継ぐ戦争の記憶 ―シリーズ 終戦70年【14】―

社会

藤木繁子さん(84)市内扇町在住
藤木繁子さん(84)市内扇町在住

 小田原に残る戦争の記憶を、人・もの・場所を介して綴るシリーズ14回目は、小田原高等女学校1年生で終戦を迎えた藤木繁子さん(84)。小児結核を病みながらも、たくましく戦中・戦後を生き抜いた。

 生家は湯河原町の青果店・八百正。父の得意先の1軒だった、老舗旅館の別邸が舞台となった2・26事件が、戦争にまつわる一番古い記憶だ。

 小児結核を病み、友人から遅れること1年、1945年に小田原高等女学校へ入学。勤労奉仕に励む級友たちと同じ働きができないもどかしさを感じるなか、「これは私にもできる」と、夏休みの宿題に出された軍馬のエサ用の干し草づくりに精を出した。草刈り中にも空襲警報が鳴り響く。「白い体操服は目立つから気を付けろ」という教えを守り、刈った萱(かや)をかぶって息を潜めた。軍の施設があった伊豆山を目がけた飛行機が、急降下し爆撃する様は今でも目に焼き付いている。

 湯河原から小田原への通学も命がけ。買い出し客で混雑する電車に乗るため、まず「足がひっかかる場所を探すの。それからデッキに『ぶらさがって』耐える」。トンネルを出た先で敵機が待ち構えていることもしばしばで、線路を歩いての通学も日常茶飯事だった―。

 迎えた8月15日。玉音放送は自宅で聞いた。明けて16日、混乱の小田原駅を通り過ぎて登校。小田原にも進駐軍がやってきた。町で見かける米兵は小銃を肩にかけ、チーズの包装紙をばりばり剥いて道端に捨てていた。「行儀の悪さに驚いた。戦争には負けたけれど、気持ちは負けていないんだ、って胸張ってそっくり返って歩いてたわね」。

 弱かった体ゆえ「とにかく両親にお金をかけさせてしまったから」と、恩返しを誓った戦後。自転車を漕ぎ、商売の集金に駆け回った。夜道をゆく時には頬かむりをして男子に変装。「集金先の手が空くまで旅館の帳場でテスト勉強、なんていうこともあった」と懐かしそうに振り返る。

 小田原の酒屋・藤木屋に嫁し、舅と姑を世話しながら家族と一つになって必死に店を盛り立てた。「体の大切さを身に沁みて自覚した。今は資金繰りと、ちょっとの雑用が私の仕事ね」と微笑む横顔には、穏やかさのみが浮かんでいた。
 

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

暑中お見舞い申し上げます

NPO法人子どもと生活文化協会

8・19(日)映画「世界でいちばん美しい村」上映会@生涯学習センターけやき

http://www.clca.jp/

新名学園旭丘高等学校

地域立・市民立の私学 2019年度生徒募集…8/25(土)学校説明会 

http://www.niina-gakuen.jp/

mamashug

「100の言葉よりhug」をモットーにふれあいの輪を広げています。

http://www.mamashug.net/

住まいの事ならハマーホーム㈱

海・山・歴史 一緒に暮らそう小田原で!! 家づくりの夢をお聞かせください

http://www.hama-home-kanagawa.com/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

地域密着の測量・設計 秋山設計

建築・開発設計・測量を一手に担う技術者集団です。土地家屋調査士事務所併設

http://www.akiyamasekkei.jp/

スーパー「小田原百貨店」

あたなの街のパントリー!良品廉価で食卓に安心安全を。最新チラシWEBで配信中

http://www.odawara100.com/

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは県内で平塚・茅ヶ崎・小田原で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猛暑で割引

猛暑で割引

小田原城

7月20日~8月31日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク