小田原版 掲載号:2015年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

語り継ぐ戦争の記憶 ―シリーズ 終戦70年【18】―

社会

水野浩さん(77)1938年生まれ 市内清水新田在住
水野浩さん(77)1938年生まれ 市内清水新田在住

 終戦70年を迎える今年、小田原に残る戦争の記憶を、人・もの・場所を介してシリーズで綴る。第18回は、旭丘高校の理事長で、戦時中に作家・三好達治氏とともに小田原空襲を経験した水野浩さん(77)。

 「戦争は小さな自分にとって重い体験だった。これが自身の教育の原点となっている」。そう語る水野さんは東京の下町生まれ。当時、国民学校3年になると学童疎開をしなければならなかった。それが嫌だった水野さん一家は学童疎開を避け、2年時に母の実家の小田原十字町(現南町)に移り住んだ。

 小田原に越してきてからは、学区外の城内小学校へ通った。掟や決まりを守ることが当たり前だった時代、学区外に通うことが生意気という印象を与え、水野さんは学区の子どもたちからいじめにあった。生活は貧しく、食糧がないため母が着物など家財を農家の人と物々交換し、調達していた。また、子どもながら水野さんは、兵器として利用されていた風船爆弾の原料となる楮(こうぞ)の皮むきを手伝った。このような体験から、育ち盛りの水野さんは「戦争は嫌だなあ」と感じていたという。

 家族とともに暮らしていた十字町の借家の2階には当時、作家・三好達治氏が家族と住んでいた。三好氏の娘と同級生で、一緒に通学した。

 1945年8月15日。小田原が空襲の標的となった。水野さんと三好親子は諸白小路を通り板橋方面へ逃げた。その時水野さんは夜具を被っていたが、それを見た三好氏は、「白いものは標的になりやすい」とそれを破ったという。「なんて繊細な人なのだろう」と当時の記憶として強烈に残っているそうだ。

 戦時中、毎日学校で行われていた天皇陛下を拝む習慣は終戦後、突然なくなった。教師たちは敗戦の理由を文化や科学の差で負けたとし、その重要性を説くようになった。「今までと違う」ことからも、終戦を感じ取っていた。

 現在は一私学の理事長として教育に携わる。戦時中に体験した数々の記憶が、今の教育に少なからず影響を与えている。「未来を拓く子どもたちに一粒の平和の種子を蒔いていきたい」と、自身の体験を基に、これからの教育現場を考える。
 

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

暑中お見舞い申し上げます

NPO法人子どもと生活文化協会

8・19(日)映画「世界でいちばん美しい村」上映会@生涯学習センターけやき

http://www.clca.jp/

新名学園旭丘高等学校

地域立・市民立の私学 2019年度生徒募集…8/25(土)学校説明会 

http://www.niina-gakuen.jp/

mamashug

「100の言葉よりhug」をモットーにふれあいの輪を広げています。

http://www.mamashug.net/

住まいの事ならハマーホーム㈱

海・山・歴史 一緒に暮らそう小田原で!! 家づくりの夢をお聞かせください

http://www.hama-home-kanagawa.com/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

地域密着の測量・設計 秋山設計

建築・開発設計・測量を一手に担う技術者集団です。土地家屋調査士事務所併設

http://www.akiyamasekkei.jp/

スーパー「小田原百貨店」

あたなの街のパントリー!良品廉価で食卓に安心安全を。最新チラシWEBで配信中

http://www.odawara100.com/

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは県内で平塚・茅ヶ崎・小田原で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猛暑で割引

猛暑で割引

小田原城

7月20日~8月31日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク