小田原版 掲載号:2015年7月11日号
  • googleplus
  • LINE

ゴミ収集車に文化を表現 城北工生がペイント

教育

車体へマスキングテープを黙々と張る生徒たち
車体へマスキングテープを黙々と張る生徒たち
 小田原城北工業高校デザイン科の生徒有志によるゴミ収集車のペイントが7月3日に始まった。

 この取り組みは1993年、市内でゴミ収集事業などを展開する「小田原衛生グループ」が、ペイントされた旅客機からヒントを得て同校に呼びかけたことから始まった。毎回生徒らが趣向を凝らしたデザインを考えており、今年はアニメやマンガといった「サブカルチャー」がテーマ。デザインリーダーの小野寺菫(すみれ)さん(2年)は、「吹き出しや言葉などを入れて、今まで見たことのないデザインにしたかった」と意外性を狙った。製作期間は1カ月と短いため、同グループの大泉圭史さんは「今までにない繊細なデザインで、早めの作業が必要だ」と話す。

 のべ22年間で23台目となる同校の恒例行事。小川友華(ゆうか)さん(1年)は、「これをやりたくて入学した。ゴミ収集車のイメージをこの取り組みで爽やかなものにしたい」と熱い思いを語った。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

南足柄で街コン

参加者募集

南足柄で街コン

3月3日(土)ezBBQcountryで

3月3日~3月3日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク