小田原版 掲載号:2015年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

海越え届いた友好の証 バド協会・村越さん

スポーツ

贈られたラケットで練習する村越さん
贈られたラケットで練習する村越さん
 今年3月、バドミントン協会の一員として韓国・済州島とのスポーツ交流に参加した村越直哉さん(35)のもとに7月、韓国・済州島から「友好の証」としてラケットとシャトルが届いた。送り主は、交流のため済州島の中学生らを率いて小田原を訪れたキムスンボン監督。

 交流は小田原・済州友好交流協会(原義明会長)の主催で2010年から行われているもの。両国を交互に行き来し、小中学生を中心にサッカーやバドミントンの交流を続けている。

 交流期間中、村越さんはキム監督と中学生の練習内容や指導方法などについて会話。村越さんが仕事をしながらボランティアで子どもたちを指導していることを告げると、キム監督は「凄いね」と感銘を受けた様子だったという。

 交流は来年、今度は済州島で行われる。村越さんも参加する予定だ。

キムスンボン監督
キムスンボン監督

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

南足柄で街コン

参加者募集

南足柄で街コン

3月3日(土)ezBBQcountryで

3月3日~3月3日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク