湘南国際マラソン ママさんランナー快挙 船津麻里さんが初優勝

スポーツ

掲載号:2015年12月12日号

  • LINE
  • hatena
マイシューズを手に笑顔の船津さん
マイシューズを手に笑顔の船津さん

 12月6日に開催された「第10回湘南国際マラソン」のフルマラソン・一般女子の部で、市内小船在住の船津麻里さん(43)が、フルマラソン初挑戦で初優勝の快挙を成し遂げた。

 「精神的にきついとは思わなかった。一緒に走ってくれた仲間のおかげ」と笑顔で話す通り、これまで未知の世界だった42・195Kmを終始、腕時計と呼吸を合わせ2時間52分50秒の好タイムでゴールへ飛び込んだ。

 船津さんは2人の子どもの母。昼はパートに出かける普通の主婦だ。長男・祥吾君(現・橘中3年)の体力づくりに付き合う形で7年前から走り始めると、すぐにランニングの魅力に取りつかれた。5年前からは毎日朝、夕合わせて15〜20Kmの練習をこなす。昨年は今回と同じ大会のハーフの部に出場、1時間23分12秒でこちらも初出場初優勝を果たしている。今年から小田原市で活動する陸上チーム「小田原ナイトランナーズ」に参加。仲間のすすめもあり、フルマラソン初挑戦の決意を固めた。 

 「正直、不安でいっぱいだった」と語る船津さん。初めてのフルマラソンに向け、夏場に練習距離を延ばそうとしたが体調を崩し、9月まで思うような練習ができなかった。しかし、富士吉田市の火祭りロードレースで2位に入り、手応えを掴み波に乗ると、その後は大磯港から江の島までの間を二度試走。万全の準備で大会に挑むとこれがピタリとはまり、沿道の声援を背に受け快走した。「体の痛みはもちろんあったが楽しく走れた。来年も優勝を目指す」と笑顔が似合うママの快進撃は止まらない。

男子は三宅さんが2位

 フルマラソン・男子の部では、市内栢山の三宅翔太さん(26)が2位に入った。タイムは2時間27分33秒。三宅さんは終始、先頭集団をキープ。一時はトップに立ったがあと一歩の所で力尽きた。三宅さんは「悔しいが外国人選手と並走できたことが収穫」と話した。

三宅翔太さん
三宅翔太さん

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

地元名産品を自販機で

小田原紙器工業

地元名産品を自販機で 経済

ドンキ小田原店に1号機

4月10日号

西湘が初の全国制覇

少年ソフトボール

西湘が初の全国制覇 スポーツ

選抜19人の総合力で快挙

4月10日号

ワクチン接種 準備進む

県西1市3町

ワクチン接種 準備進む 社会

湯河原では模擬体験も

4月3日号

「ユガラボ」が最高賞

県子ども・子育て支援大賞

「ユガラボ」が最高賞 社会

多世代交流を促進

4月3日号

「ヒサの遺志」地域と共に

湘南ベルマーレ

「ヒサの遺志」地域と共に 教育

郵便局とがん啓発で連携

3月27日号

130周年で記念誌作成

小田原鳶職組合

130周年で記念誌作成 文化

伝統・歴史を後世に

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク