相洋出身・松枝選手 箱根駅伝 順大の主将として出場

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena
千葉市内で練習する松枝選手
千葉市内で練習する松枝選手

 箱根駅伝が1月2日・3日に開催され、21チームのランナーが駆け抜ける。昨年優勝校の青学大は三大駅伝の出雲駅伝(10月)を制して箱根に臨むほか、昨年3位の東洋大は11月の全日本大学駅伝で優勝、今大会で2年越しの頂点を狙う。このほか昨年2位の駒大をはじめ、明大、早大、東海大、城西大、中央学院大、山梨学院大、大東大、日大、帝京大、日体大、順大、神大、拓大、法大、中大、上武大、関東学生連合、そして初出場の東京国際大が襷をつなぐ。

 今年、県西出身の選手として注目されているのが、順大のキャプテン・松枝博輝選手(南足柄市・相洋高出身)。松枝さんは小学校時代から中・長距離を走り始め、箱根駅伝を応援していた時に、当時「山の神」と呼ばれた今井正人選手(順大)の雄姿を見て、憧れになったという。小学校の卒業文集には「自分も将来あの場所(箱根)で」といった一文も残している。

 相洋では中距離800mでインターハイに出場するなど好成績を残し、大学は今井選手を追うように順大に進学した。1年生で箱根駅伝の3区に抜擢され(区間16位)、2年生では8区(区間11位)。昨年の大会では当初5区に出場予定だった選手がけがで走れず、思いがけない形で箱根路に出場。元々は別の区間を想定していた事もあり、区間16位という結果に終わった。

 キャプテンに選ばれたのは1年前。「今まで通りではダメだ」と意識改革に取り組み、練習メニューを選手の個性に合わせたスタイルに一新。今年は自らも第41回世界クロスカントリー選手権の日本代表に選ばれたほか、関東インカレ(5000m)で日本人最上位(3位)になるなど好成績を記録。学生時代の集大成となる大会を控え「私個人の悔しさを晴らすのではなく、チーム全体が頑張った事を証明したい。強い伝統を取り戻します」と唇に力を込めた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook