リオ五輪へ勝負 国府津出身・松下祐樹さん

スポーツ

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena
五輪出場を目指す松下さん=ミズノ東京本社
五輪出場を目指す松下さん=ミズノ東京本社

 五輪イヤーの2016年、小田原からオリンピック選手が誕生するかもしれない。

 陸上400mハードルの松下祐樹さん(24・チームミズノアスレティック)。昨夏の世界陸上に出場し、日本人唯一の準決勝進出を果たした。小田原出身でこれまでに五輪に出場したのは、メルボルン大会(1956年)のサッカー・内野正雄さんらがいるが、個人種目ではいない。

 市内初の快挙へ、松下さんがリオデジャネイロ五輪への想いを語ってくれた。

「五輪でファイナリストに」選考は6月の日本選手権後

 昨年8月、世界陸上が行われた北京で、松下さんが輝きを放った。

 予選を突破した松下さんは、「(世界は)意外と通用するところだと感じた」という。しかし、準決勝直前は「心身ともにベスト」だったにも関わらず、レースでは「自分の体が自分のものじゃないようだった。会場の雰囲気も高まる準決勝で、見えない何かに負けてしまったのかもしれない」。手応えと課題を掴んだ人生初の世界大会だった。

 世界を視野に捉えた松下さん。彼ほど競技や種目を変えながら、世界の舞台まで登りつめた選手は珍しいかもしれない。

 ソフトボールに勤しんだ小学生時代は、国府津イーグルスで投手などを務めて県大会を制した。当時から脚は速く、盗塁すればほぼ成功していたという。中学入学時に野球部の体験入部に行ったが、かねてからの「チームスポーツより個人の方が向いている」という思いを強く抱き、断念。その帰りに陸上部で練習する友人に誘われたことが、その後の人生を大きく変えた。

 持ち前の集中力で頭角を現し、3年時に走高跳と110mハードルで全国大会出場を果たした。進学先は、コーチとして実績のある室橋富美夫教諭を慕い、決して陸上強豪校とはいえない小田原高校を選んだ。中学時代、成績は真ん中ぐらいだった松下さんは、受験直前の3カ月間、猛勉強。スポーツで発揮する集中力を学業にも活かし、多い日には1日13時間も机に向かった。「その甲斐あって、高校では陸上人生で最も大きな分岐点を迎えることができた」

 高校では八種競技を主戦場にし、3年夏のインターハイで全国の頂点に立った。「適正を見抜いて混成競技を進めてくれた先生のおかげ」。順天堂大学へ進むと、大学4年時には十種競技で全日本インカレを制覇した。ただ、「このままでは世界と戦えない」と混成競技に見切りをつけ、十種競技の中で得意にしていた400mとハードルを合わせた400mハードル1本に絞った。

世界を感じ意識改革

 そして社会人2年目の昨年、才能が開花した。6月の日本選手権で優勝。8月には自己ベスト(49秒14)を記録し、世界陸上に挑んだ。「通用した部分もあるけれど、トップになるにはまだまだ力が足りない」と話し、練習での意識改革を行った。

 練習でタイムを測る際、これまでは体調や天候が悪いと、結果が出なくても「仕方ない」。心のどこかに逃げ場をつくっていた。しかし今では「常にタイムを意識するようになった。1本に集中、1本も無駄にしない。練習のパフォーマンスをあげることが試合につながるから」。トップが集うナショナルトレーニングセンター(東京)を拠点に、さらなる高みを目指す。

 8月のリオ五輪出場は、6月の日本選手権後に決まる。それまでに参加標準記録突破が必要となる。「五輪に出て、目標はファイナリスト(決勝進出)。世界陸上のときに地元の人々に応援してもらい大きな力になった。自分が活躍することで街が盛り上がればうれしい」。小田原から世界へ飛び立ち、世界から小田原に元気を届けるつもりだ。

昨年の日本選手権を制した(写真提供ミズノ)
昨年の日本選手権を制した(写真提供ミズノ)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

自宅療養者を支援

1市3町

自宅療養者を支援 社会

食料品手配など展開

1月22日号

キッチンカー「食べて応援」

小田原市

キッチンカー「食べて応援」 社会

市役所駐車場などを活用

1月22日号

なりわい文化を発信

全国産業観光フォーラム

なりわい文化を発信 文化

小田原市で2月17日、18日

1月15日号

ゆかりの地通じ街をPR

大河ドラマ

ゆかりの地通じ街をPR 文化

『鎌倉殿の13人』で市町活性化へ

1月15日号

2,270人が新成人に

1市3町

2,270人が新成人に 社会

小田原、真鶴で前年比増

1月8日号

小学生向けに報告会

小田原市議会

小学生向けに報告会 政治

「地方自治に関心持って」

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook