2015年度伝統的工芸品産業大賞の作り手部門で功労賞を受賞した 海野 文夫さん 市内久野在住 80歳

掲載号:2016年1月16日号

  • LINE
  • hatena

いぶし銀の恵比須顔

 ○…木製玩具やこけしなど伝統工芸品の特に細かい部品を作り続け、その功労が認められての受賞。「木工職人としてここまで続けられたのも、夫婦二人でやってこられたから。家のことは妻に任せっきりで、仕事に没頭できた」。『職人』というと、どうしてもべらんめえ口調をイメージしてしまうが、話しぶりは穏やか。眉間ではなく、目尻に刻まれた笑いジワが、歩んできた人生を物語る。

 ○…「職人は食いっぱぐれないから」と中学を卒業してすぐに小田原の木工所に就職。誰よりも早く出勤し窓を開け、研ぎ水を代え、研鑽の日々を重ねた。材料の木の棒が床に落ちていると師匠に「『飯の種を踏んづけるんじゃねえ』と玄能でぶっ叩かれた」。ひたすらに挽物加工に向き合い65年。今では厳しい下積みも良い思い出だそう。

 ○…6人兄弟の大家族のため入社当初は、自身の給料もまるまる家の生活費に充てた。唯一休みの日曜も出勤し、皆勤賞の500円をコツコツと貯め、10年ほどで果たした念願の独立。だが道は険しく、時には仕事がない時もあった。「職人だからモノを作るのは得意だけれど、金もうけが下手でね」。そんな辛い時期を乗り越え「より良いものを、自分なりに考えたものを作りたい」と、溢れんばかりの情熱を注いだ。朝まで夫婦二人三脚で働き、下曽我に工場を建て機械も導入。マイホームも持った。

 ○…伝統工芸士の跡継ぎ不足が取り沙汰され久しい昨今。3年前、ミリ単位の細かい作業にとって何よりも大事な商売道具の目に、白内障を患った。廃業も考えたが、そこに現れたのが「うちには良くやってくれる若い衆がいてね」と思わず目尻を下げる大卒の新人。「独自の感性」で工芸品に向き合い、発信する後継者の頼もしい姿に浮かべる安堵の表情。それでも「職人は一生勉強。若い衆に迷惑をかけない程度に、頑張りたい」と引退はまだ先。なおも深みを増すいぶし銀だ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

羽田鳳竜(はだほうりゅう)さん

蓮華寺副住職で、子どもの居場所づくり事業「学びや はちす」を企画した

羽田鳳竜(はだほうりゅう)さん

小田原市千代在住 39歳

1月22日号

原 健一郎さん

箱根寄人(よせびと)プロジェクトのリーダーを務める

原 健一郎さん

箱根町在住 48歳

1月15日号

宮川 勝行さん

(公社)小田原青年会議所(JCI小田原)の第65代理事長に就任した

宮川 勝行さん

湯河原町吉浜在住 39歳

1月8日号

江島 賢さん

株式会社 丸江の代表取締役に就任した

江島 賢さん

小田原市栄町在住 56歳

12月25日号

古澤 博さん

県大会で優勝した富水ジャガーズの相談役を務める

古澤 博さん

小田原市栢山在住 84歳

12月18日号

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

箱根町出身 48歳

12月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook