”マイ街路樹”いかが 県がパートナーを募集中

社会

掲載号:2016年1月23日号

  • LINE
  • hatena
プレートには名前やメッセージを記入できる
プレートには名前やメッセージを記入できる

 街の緑を守り育てようと、県は「かながわ街路樹パートナー」を募集している。小田原市内では2カ所で、1月29日(金)まで個人や企業・団体の寄付者を募っている。

 パートナー制度は、県が管理する街路樹を対象に、寄付者の名前やメッセージなどを書き込んだ『樹名板』=写真上=や、『表示板』=写真下=が5年間設置される。5年前から県内各地で行われてきた制度では、約800本の街路樹にパートナーが誕生。市内では初めての取り組みとなる。

 対象は、城山3丁目〜久野の県道74号沿いのタブノキ、高田〜国府津の県道717号のハナミズキ。寄付額は、樹名板が樹木1本につき1万円、表示板が35万円。2カ所あわせ樹名板80口、表示板2口を募集している。県西土木事務所小田原土木センター道路維持課は「自分たちの名前がつくことで、街路樹や道路を大切にしてもらうきっかけになれば」と期待を寄せる。プレートは、今年7月頃に設置予定。

 申込書は、県ホームページまたは土木センター(東町5の2の58)で入手できる。(問)同センター【電話】0465・34・4141 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

酒匂川フォトコン

「森をオフィスに」

「森をオフィスに」 社会

いこいの森で企業が試行

7月24日号

浸水の野球場300人で復旧

浸水の野球場300人で復旧 スポーツ

ソフトボール選手ら尽力

7月24日号

リハビリ視点で家族介護

リハビリ視点で家族介護 教育

小田原市 けやきで教室

7月24日号

「外呑み横丁」が中止

東通り商店街

「外呑み横丁」が中止 経済

7月24日号

コロナワールド周遊クーポン

読者プレゼント

コロナワールド周遊クーポン 文化

7月24日号

あっとほーむデスク

  • 7月24日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter